2012年08月05日

山田高校で運命の出会い。そして快進撃 「フジカキ」が銀

 「フジカキ」の金メダルはならなかった。バドミントン女子ダブルス決勝で藤井瑞季(みずき)、垣岩(かきいわ)令佳(れか)組は中国ペアに敗れ、銀メダル。それでも、バドミント界で過去、達成したことのない快挙だった。

 2人が出会ったのは全国の強豪が集まる青森山田高だった。藤井が2年、垣岩が1年の時の大会でダブルスを組んだ。この時のことは藤井の記憶に鮮明に残っている。「とにかく、しっくりきた。運命の人だ」と直感した。全体を見渡せ、緩急をつけた攻撃ができる藤井だがパワーに劣る。166センチで力強いスマッシュが打てる垣岩はペアとしては最適の相手だった。

 順調に高校総体などを制したが、一つ上の“お姉ちゃん”である藤井は、思ったことをそのまま相手にぶつける性格だ。感情を爆発させる時もあり、実際、コンビ解散の危機もあった。そんなとき、気遣いのできる垣岩は「先輩とやりたいな」と藤井の気持ちをくすぐり、後をついて行った。

 垣岩には、藤井への恩がある。2007年8月、当時高校3年で卒業後の進路に悩んでいる時に、「ダブルスを組んで、一緒にオリンピックを目指そうよ」と声をかけてくれたのが藤井だった。実は複数の強豪チームからも誘いはあった。しかし、藤井の言葉がうれしかった。2人は熊本市のNEC九州(現ルネサス)でペアを続けることができた。「あの言葉がなければ今はない」。垣岩は、しみじみと振り返る。

 コートの上だけでなく、相性も抜群、藤井はそんな垣岩を「家族のような存在」と表現する。「最近は休日に友達と会っていても、誰でも『令佳(垣岩)』って間違えて呼んでしまう」と苦笑する。バドミントンでは頼れる姉御肌の先輩も、私生活では垣岩に「言葉の言い間違えはしょっちゅうで、行動にもつっこみどころが多い。手のかかる“妹”です」と遠慮なくいわれる。

 プレースタイルも性格も対照的な2人が、お互いの長所を引き出し合い、銀メダルにつなげた。

(ロンドン 田中充)




人気ブログランキングへ


posted by 大翔 at 12:33 | 青森 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | バンクーバー・ロンドン五輪へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。