2012年08月09日

「近いうちに」幻の三党合意



 頭が悪いのにも程があるが、頭が悪すぎて自分が馬鹿なのに気がつかないのが政治家なのか?

 三党合意といっても、消費税増税といっても、中身が何もない。

 国外、最低でも県外といって何も出来ない民主党の体質そのものですよね。

 いったい何を学んで来たのか、国民の事、人の道、人間の事を何も解ってない。



 社会保障・税一体改革関連法案の参院採決をめぐり激しく対立していた民主、自民両党は8日夜の党首会談で合意に達した。ただ解散時期をめぐり「近いうち」との表現で妥結したことに解散回避論が強い民主党、早期解散を求めてきた自民党双方の党内からは不満の声も上がっている。



 ≪民主≫

「早期解散」火消し

 民主党では8日、自民、公明両党との3党党首会談で衆院解散時期を「近いうち」とした合意に関し、今国会中といった早期解散を否定する見方が相次いだ。内閣や党の支持率が低迷し次期総選挙での惨敗は必至とみられる中、輿石東(こしいし・あずま)幹事長をはじめとして、解散阻止が党内の「合言葉」ともいえる状況になっているためだ。仮に野田佳彦首相が今国会の解散に踏み切ろうとすれば、党内から激しい反発が起きるのは必至だ。

 「さすがに今国会の解散はないでしょう」

 輿石氏に近い党執行部の一人は、今国会での解散の可能性を否定した。閣僚経験者も「来年1月の通常国会冒頭だって近いうちといえば近いうちだ」との見方を披露した。

 消費税増税法案の衆院採決で反対した松野頼久衆院議員は「『近いうち』というのは理解不能だ。(来年8月の)衆院議員の任期満了も含まれていると思う」と語った。

 首相は党首会談に先立ち国会内で開かれた民主党の両院議員総会で、党内を安心させるように「解散時期を明示することはどんな事情があってもできません」と言い切った。

 8日の党内の中間派やベテラン議員の会合では首相退陣論が相次いだが、この一言に会場からは「そうだ!」「その通り!」とのかけ声が出た。




posted by 大翔 at 11:27 | 青森 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。