2012年12月19日

だから負けたのに最後まで決められない民主党 代表選

 民主党は、両院議員総会を開き、野田総理大臣が党の代表を辞任することを承認しましたが、新しい代表を選ぶ代表選挙については、「拙速に選ぶのは大反対だ」などという意見が相次ぎ、予定していた22日から延期することを決めました。

 この中で、野田総理大臣は「厳しい結果となり、ざんきの念に堪えない。痛恨の極みだ。最大の責任は代表である私にあるので、責任を取って辞任したい。深くおわび申し上げたい」と述べ、代表を辞任する考えを示しました。
 また、輿石幹事長は「最大の責任は、幹事長である私こそが負わなければならない。ことばでどう表現しても許されない状況を招いたと思う。私たち党三役も辞任させてもらいたい」と述べ、野田総理大臣らの辞任が承認されました。
 そのうえで執行部側は、野田総理大臣の後任を選ぶ代表選挙について、総理大臣の指名選挙を行う特別国会の前に行う必要があるとして、今週の22日に党所属の国会議員による投票で行うことを提案しました。
 これに対し、出席者からは「国民は、民主党がどのようなプロセスで再生するか注目しており、新しい代表を拙速に選ぶのは大反対だ」とか、「惨敗した原因を分析するのが先だ」などと、反対する意見が相次ぎました。
さらに、「国会議員だけでなく、落選した前議員や地方議員らも参加して、臨時党大会を開き、代表選挙を行うべきだ」といった指摘も出されました。
 これを受けて、総会では、22日に行う予定だった代表選挙を延期することを決めました。
NHK http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121219/t10014296621000.html


 党代表も決められない民主党でした。


posted by 大翔 at 18:31 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。