2013年01月04日

フェラーリを追いかけて、パパラチ事故死。米 L.A


 パパラッチ云々の前に自業自得ですね。
 需要と供給の合間を欲望と金が行き交う世界があるかぎり、法律で縛っても無くならないでしょう。     他人の不幸を喜ぶ阿呆(人間の心を忘れた人)。次元が低い自己満足の人。
 こういう人の心を満足させる為に写真を撮るパパラッチなわけよね。


 カナダ出身の人気アイドル歌手、ジャスティン・ビーバーさん(18)を追って愛車フェラーリを撮影しようとしたパパラッチが、米ロサンゼルスのハイウエーで通行車にはねられて死亡するという事故が起き、関係者に衝撃を与えている。ビーバーさんはショックを受け、こうした悲劇が繰り返されないことを望むとした声明を発表。実効性ある法の整備を訴えた。(SANKEI EXPRESS)

駆け寄ろうとして

 死亡したパパラッチは29歳の男性で、警察は家族の希望により氏名を公表していない。ロイター通信などによると、男性は1日夕、ビバリーヒルズ・ホテルの駐車場を出たビーバーさんのフェラーリを車で追跡。ハイウエーでフェラーリがスピードの出し過ぎでパトカーに停車させられると、男性も車を止めて道路を横切る形でカメラを手にフェラーリに駆け寄ろうとしたが、その際、後続車にはねられて死亡した。

 フェラーリはビーバーさんのものだが、借りていた友人が運転しており、ビーバーさんは乗っていなかった。

 ビーバーさんは2日、所属しているアイランド・デフ・ジャム・ミュージック・グループを通じて声明を発表し、「私は事故に直接は関わっていないし、現場にもいなかったが、犠牲になった方の家族のため祈っている。この悲劇が、セレブや警官、罪のない見物人、そしてパパラッチ自身の命や安全を守るために必要な法律の制定につながることを願っている」と訴えかけた。

人気者の特ダネ追う

 事故当時、ビーバーさんはよりを戻した恋人の米女優、セレーナ・ゴメスさん(20)と一緒にメキシコで新年を迎え、プエルト・バヤルタのビーチ・パーティーを楽しんでいたとされるが、パパラッチの男性はビーバーさんがフェラーリに乗っていると信じて特ダネを追っていたようだ。

 米メディアによると、男性は1日夕、芸能サイトの情報筋に電話をかけ、「みんなジャスティンとセレーナはメキシコにいると思っているが、それは違う。フェラーリの中でジャスティンがマリフアナを吸引しているのを見た。ラッキーだ」などと話していたという。

 事故を受け、パパラッチに追われ続けている米歌手のマイリー・サイラスさん(20)は、「パパラッチは危険よ。ダイアナ妃の事故で分からなかったの? 子供のころ、ママに道路で遊んじゃいけないって教わるでしょう」などとツイートし、ビーバーさんを擁護した。

 ティーン層だけでなく幅広い世代からも熱狂的に支持されているビーバーさんはデビュー4年目を迎え、パパラッチの追っかけはヒートアップする一方だ。

「大ざっぱすぎる」

 昨年8月には、追跡中のパパラッチ同士の車が衝突事故を起こし、カリフォルニア州で2011年から施行されているパパラッチ規制法(最高刑は禁錮1年)が初めて適用されるかと注目されたが、結局、適用は見送られ、交通違反だけが問われた。この時、判事は「パパラッチ規制法はあまりに大ざっぱすぎる」と法の不備を指摘した。

 フランスやドイツでは、パパラッチが撮影した写真をメディアが公開する場合は、撮影された人の許可を得なければならないなど、厳しい規制がある。米国でも実効ある法が備えられなければ、さらに大きな事故が起きかねない状態だ。







posted by 大翔 at 09:45 | 青森 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。