2013年01月10日

前教育委員の勝井映子への感謝状贈呈中止 橋下市長が指示


 悪いのはタイミングだけかい?
 人間の心を持っていない連中がなぜ感謝したいのだろう?
 あそっか、大阪市入れ墨問題の時、「行き過ぎだ」などの否定的な意見が続出しましたもんね。
 勝井映子さん、何も言わずに見て見ぬ振りをしていたからかな?
 勝井映子委員:「長袖で見えないようにするケースもあり、全部自白させるような調査は必要ない。個別の部位まで特定させるのは行き過ぎだ」と難色を示した。(2012年5月)
 そそ、勝井映子は暴力の味方なのだ。勝井映子も大阪市教委も大阪市立桜宮高校も、生徒を暴力で殺しても人間の心が無い連中ですから、喜びはあっても悲しみがないのです。


 大阪市立桜宮高校の男子バスケットボール部主将だった2年の男子生徒=当時(17)=が男性顧問(47)から体罰を受けた翌日に自殺した問題に絡み、大阪市教委は10日、同日に予定していた前教育委員、勝井映子氏に対する市長感謝状の贈呈を中止した。

 市教委は「生徒の尊い命が失われるという重大な事態となっている時期にふさわしくないと判断した」と説明している。

 市教委側は生徒の自殺が明らかになった後の9日に贈呈式の開催を報道各社に通知。しかし同日夜、橋下徹市長が市教委にメールで開催中止を指示、一転して中止となった。市教委の認識の甘さが浮き彫りになった形だ。

 勝井氏の在任期間は平成12月3日から平成24年12月2日。期間中の平成23年9月、顧問の体罰情報が寄せられていたが、市教委と学校は顧問ら教員側への聞き取りのみで「体罰はなかった」と結論づけていた。



タグ:勝井映子
posted by 大翔 at 18:59 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の教育現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。