2013年01月16日

大阪市立畜生桜宮叩頭学校(桜宮高校) と腹黒市教委

 この畜生どもは、生徒を自殺させて知らん顔だね。
 つい先日、ヤンキー先生とも会談していたが、完全になめ切ってるね。
 ヤンキー先生にも力は無いのだが•••

 さて、大阪市立畜生桜宮叩頭学校にはこんな人しか居ませんのまとめ
 嘘を平気てつき、他人の心を傷つけても人間の心が無いから悪いとは思わない。
 暴力は平気だと誰もが思っているので、暴行現場を見ても止める事が無い。
 生徒は商品、言う事を聞かない生徒は不良品。
 動物としては人に生まれたが人間の心をもたないので生徒を人間に育てられない。
 正邪の前に、強い者にはぺこぺこし、弱い生徒には暴力を振るう。
 フトコロに金さえ入ればどんな嘘でも平気でつく。

入試中止に対して難色を示した市教委の腹の中
 全く反省しない市教委もまた腹黒畜生ですから、生徒の未来ではなく、自分の食い扶持だけを心配しているのだ。つまり、入試を中止されると自分達が食べる餌が減るのである。
 永井哲郎教育長も「決めるのは市長ではなく、教育委員会だ」と同じ穴の狢をつかって自己防衛するのみ。
 
入試中止に対してのOB達の反対理由は
 「生徒は体育科に入るため1年間、スポーツ、勉強の両方を頑張ってきた。入試が中止になったら、かわいそうだ」
 畜生教育を受けているので、自殺した生徒は勝手に死んだのであって、学校の隠ぺい体質も暴力も関係なく、死んだ方が悪いと考えているようだ。
 可哀想なのは受験出来ない生徒ではなく、自殺に追い込まれた生徒でしょうよ。人間の心を教えてもらえなかった不幸がここに出てますよね。


 「問題を黙認してきた過去の連続性を断ち切るために入試を止めるべきだ」−。桜宮高校の男子生徒の自殺が公表されてから1週間となる15日、事態は、橋下徹市長が同校の体育系2科の今年度の入試中止を提言するという急展開を迎えた。市教委側は難色を示し、同校OBの間にも驚きが広がった。

 午後8時すぎから開かれた記者会見で、橋下市長は厳しい表情で話した。

 「(体罰が確認された)バスケットボール部、バレー部の問題に限らず、受け入れ体制ができていないと判断した」

 会見に先立ち、午後4時から開かれた橋下市長と市教委側との非公開会談。会談時間は当初予定の1時間半を大幅に超え、約3時間20分に及んだ。その中で、橋下市長が主張する「入試中止」の是非に、多くの時間が費やされたという。

 橋下市長は、バスケ部顧問による体罰が副顧問らに黙認されるなど「常態化」していたことや、顧問が関与する形で、部員が学校に無届けで共同生活を送っていたことを問題点としてあげ、「校長、教員、学校全体がクラブで勝つことを第一にして歯止めがかからなかった」と厳しく批判。

 隣に座る長谷川恵一委員長は「(入試中止は)すぐには受け入れがたい」、永井哲郎教育長も「決めるのは市長ではなく、教育委員会だ」と不快感を示したが、市長は「受験の混乱を避けるために入試をやるなんてあってはならない」と主張した。

 同校のOBは、橋下市長の提案について「生徒は体育科に入るため1年間、スポーツ、勉強の両方を頑張ってきた。入試が中止になったら、かわいそうだ」と批判。一方、スポーツ評論家の玉木正之さんは「今回の自殺で体育科の在り方が間違っていたことが分かった。新しい指導の方向性が見いだせない中では、やむを得ない対応だ」と一定の評価を示した。
posted by 大翔 at 13:23 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の教育現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)