2013年01月25日

体罰があった練習試合の録画テープが存在 学校が大阪府警に任意提出


 学校が提出?
 いつ提出したんですか?
 何の為に提出したんですか?
 校長はいつビデオの存在を知ったんですか?
 暴力を録画したのは誰ですか?
 暴力を録画した理由はなんですか?
 チーム戦術に活用するためだなんて嘘に決まってるだろ!
 いやいや、生徒を自殺に追い込むまで殴るのが平気な学校ですから、殴りる場面を録画して喜んでいたのでしょうね。楽しんでいたのでしょう。教育者の前に人間失格ですよ!
 しかも、反省しない。
 つまり、またやるという事です。


 大阪市立桜宮高バスケットボール部主将の2年の男子生徒=当時(17)=が顧問の教諭(47)から体罰を受けた後に自殺した問題で、顧問が生徒に体罰を加えた自殺前日の練習試合の録画テープを、同校が府警に任意提出していたことが23日、分かった。捜査1課はすでに部員や学校関係者、遺族らから事情聴取しており、ビデオの分析と合わせて体罰の詳細を確認し、部活動での体罰が暴行にあたるか判断する。

 生徒の父親が同日、顧問を暴行罪で刑事告訴し、大阪府警に受理された。告訴内容によると、顧問は昨年12月22日の練習試合の際、生徒に暴行を加えたとしている。生徒は翌朝、自宅で首をつって死亡しているのが発見された。遺書などには、体罰への強い不満や主将としての重責に苦悩する記述があった。

 捜査関係者によると、生徒の両親は当初、刑事告訴に消極的な姿勢だったが、顧問の体罰の実態について大阪市教委などの調査が進むにつれ、処罰感情を示すようになったという。

 顧問は市教委の聞き取りに「練習試合で頬を平手で4、5回たたいた後、頭を4、5回殴った」と述べ、府警が自殺直後に行った参考人聴取でも「キャプテンなので厳しく指導した。発奮させるためだった」と体罰を認めた。

 一方で生徒は自殺前日、母親に「今日も30〜40発殴られた」と打ち明け、顧問の言い分と食い違いが出ていた。

 学校関係者によると、練習試合の録画テープは同校がチーム戦術に活用するために撮影していた。



体罰をめぐる問題について、ご意見、提言などをお寄せください。

 メールは iken@sankei.co.jp へ。住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記のうえ、郵送の場合は〒556|8661(住所不要)産経新聞大阪社会部、ファクスは06・6633・9740。問い合わせすることもあります。



posted by 大翔 at 15:27 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の教育現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。