2013年01月28日

減らない大阪の性犯罪 学校で習った通りにしているだけ


 当然ですよね。学校で教えてるんですから。
 大阪市立桜宮高等学校をみれば解りますよね。
 大阪府全体がそうだという事でしょう。
 真面目な人にとっては窮屈な街なのでしょうか?


 性犯罪やひったくり、車上狙い…。昨年も多くの街頭犯罪の認知件数で、全国ワースト1の不名誉記録を更新する情勢となっている大阪府。中でも子供や女性が被害者となる性犯罪の多さは深刻で、府内では強制わいせつ事件が月に100件近くも発生している。街頭犯罪が減らない背景として、大阪特有の文化的土壌や生活困窮者が多い地域事情を指摘する専門家もいるが、性犯罪に対する効果的な抑止策は見いだせておらず、大阪府警は警戒を強めている。

 大阪の強制わいせつ事件認知件数は平成15年の1250件をピークに減少したが、21年に増加に転じ、24年も11月末現在で1177件(前年同期比0・6%増)と全国最悪。2位の東京を約300件上回り、過去最多だった23年の1251件に迫る勢いだ。

 性犯罪を含む街頭犯罪が大阪で多いことについて、地域防犯を研究するステップ総合研究所(東京)の清永奈穂所長は「ある程度の無茶や奔放さが『ええやないか』と許容される大阪独特の気風の裏の面が出ているのでは」と指摘する。

 さらに「経済的に二層構造で、生活に困窮する人たちが集まって暮らす地域がある」ことや、「街に隙間が多かったり、街灯が少なかったりと、犯罪者に好都合な『近づきやすく逃げやすい』街が多い」ことも影響しているとみる。

 府警も24年から強制わいせつ事件対策を重点目標に追加し、摘発を強化。11月末現在、強制わいせつ容疑での摘発人数は246人で、前年同期比15%増となっている。


posted by 大翔 at 10:40 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。