2013年03月08日

PM2・5 関東でも高濃度、本格的な“東日本襲来”懸念 黄砂で増幅も


PM2.5についてはこちら
花粉、黄砂、PM2.5。本格的に飛び交う季節に成りましたね。ところでμmってなに?

 中国からの飛来が問題になっている微小粒子状物質「PM2・5」の大気中濃度が7日、埼玉県内で一時的に環境基準の2倍を超えるなど関東各地でやや高い濃度が観測された。気象庁は8日以降、中国からの黄砂が日本列島へ飛来すると予測しており、本格的な“東日本襲来”も懸念されている。一方、環境省が示した注意喚起の指針はあいまいで、自治体側からは「丸投げされても困る」との不満が噴出、対応が後手に回る恐れが出ている。埼玉県によると、幸手(さって)市で7日午後1時、1立方メートル当たり80マイクログラムを観測した。ただ、これは1時間ごとの参考値で1日平均ではないため注意喚起は見送られた。

 PM2・5の主な発生源は工場の煤煙(ばいえん)や車の排ガス。特に今年の濃度上昇は中国からの越境汚染と、国内の工場や車による都市汚染の「複合汚染」とされる。埼玉県はこの日の濃度上昇を「風が弱かったため、都市汚染のPM2・5が滞留したのではないか」とみる。環境省は黄砂や風向きの影響により、今月末から5月ごろまで濃度が高めの状態が続く可能性があると分析している。

 ところが、環境省の対応が後手後手だ。6日に東京都内で全国の約120自治体を集めて開いた連絡会議では、外出自粛など注意喚起のため環境省が示した暫定指針の明確化を求める意見が自治体から相次いだ。

 暫定指針では、大気中のPM2・5濃度が1日平均で1立方メートル当たり70マイクログラムを超えると予測される場合、都道府県が住民へ注意喚起すると定めた。5日には熊本県がこの指針に従い全国で初めて注意喚起をした。

 ただ、「70マイクログラム超」の予測は早朝の観測値に基づくとだけ示され、この日の埼玉県のように午後になって濃度が上がった場合の対応などは「自治体独自の判断で」と繰り返した。埼玉県の担当者は「指針が明確でなく独自の判断はできない。全て自治体任せで非常に困っている」と訴えた。

NIOSHによる9規格
名称未設定-1.jpg
N:Not resistant to oil(耐油性なし)
R:Resistant to oil(耐油性あり)
P:Oil Proof(防油性あり)
N95/R95/P95:0.1〜0.3μmの微粒子を95%以上除去できる性能
N99/R99/P99:0.1〜0.3μmの微粒子を99%以上除去できる性能
N100/R100/P100:0.1〜0.3μmの微粒子を99.97%以上除去できる性能


【PM2.5対応/N95】【安心の日本製】モチガセ・バリエールN95マスク(1袋20枚入)※米国立労働安全衛生研究所(NIOSH)認証済

新品価格
¥2,980から
(2013/3/8 15:42時点)



耳が痛くなりにくい!! BMC 活性炭入りフィットマスク【50枚入】 活性炭入り4層 新立体構造 PFE BFE VFE 99%カット 消臭

新品価格
¥1,380から
(2013/3/8 15:43時点)



スリーエムマスク 9210N95 20枚入

新品価格
¥3,980から
(2013/3/8 15:43時点)





posted by 大翔 at 15:44 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。