2013年05月26日

拉致問題の解決が前提?

 安倍晋三首相は26日未明、日本テレビ番組のインタビューで、北朝鮮の金正恩第1書記との首脳会談を行うには、拉致問題の解決が前提になるとの考えを示した。
「首脳会談のような重要な外交的決断をする上では、拉致問題についてしっかりと結論が出なければ、そもそも行うべきではないと思っている」と述べた。


はあ?
 つまり、北朝鮮が拉致被害者を帰すと言わなければ「ボク行かないよ」ってことね。
 これでは解決出来ないな。
 上から目線で、仲良しになれそうな国としか外交しないし、これでは民主党と五十歩百歩ですね。
 苦手な国との会話が出来ないのでしょう。

 このままだと飯島氏の訪朝が無駄になりそうですね。
 その飯島氏が「安倍晋三首相は組閣した時に拉致問題は自分の手で一歩でも二歩でも前に進める決意を示している。その辺からご推察いただければと思っている」といっているが、安部が自分の手を汚す事はないだろう。
 

posted by 大翔 at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)