2013年06月02日

よく知られた日本の性奴隷 言葉は成長するが人も国も成長せん


 国連の拷問禁止委員会?
 この人達でも戦争で人を殺すのはよしとしている訳よね。
 
 さて、先日韓国慰安婦が二人来日しましたが、彼女らの態度を見ると信憑性に欠けますよね。
 橋下市長と会うと言っておきながらのドタキャン。しかも、逆恨みだけ。マトモな慰安婦は生き残ってないのだろうか?
 日本は国民に対しても死ぬまで待っているという方法をとるので、国連に日本政府の見解を求められたとしても、正直に答える事はないだろう。
 最近阿倍総理は、北朝鮮拉致問題にしても、首脳会談の為の首脳会談はしないと言いましたね。
 つまり、北朝鮮が拉致被害者を帰すと言わない限り首脳会談を行わないという事だ。
 こんな考え方や姿勢で問題を解決出来ますか?
 自分は働かない。条件が揃ったら顔を出す。これじゃ〜、残念ながら北朝鮮拉致問題もまた、死ぬのを待っているだけなんでしょうね。
 いつまでたっても、中国や韓国と同じ歴史教科書は作れないね。 


 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長の慰安婦問題をめぐる発言に関して、国連の拷問禁止委員会が勧告で日本政府の見解を求めたことに対し、橋下氏は1日、短文投稿サイト「ツイッター」で「(国家による強制性について)河野(洋平官房長官)談話で曖昧にしていることが慰安婦問題が解決されない最大の原因」と指摘した。さらに、政府が強制性の有無を明確にすることで「慰安婦問題の長年の懸念が解決されることを期待する」と述べた。

 橋下氏は、これまで「保守を自任する政治家」が、国家の意思として慰安婦を拉致、人身売買した事実を明確に否定してきたのは「国内に向けて」だとし、「世界に向けても同様の主張ができるかどうか。全ては日本政府の見解による」と牽制(けんせい)した。

 また、同委員会が元慰安婦に対する公的補償に言及したことに対し、「1965(昭和40)年の日韓基本条約並びに経済協力協定の締結によってもなお国家補償が必要なのかどうか、日本政府は明確にすべきだ」と強調した。

 同委員会は5月31日に勧告を発表し、「政府や公人による事実の否定、元慰安婦を傷つけようとする試みに反論するよう」日本政府に求めている。


タグ:慰安婦
posted by 大翔 at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。