2013年07月03日

上っ面教育でもやらないよりはマシ 教科書に“大震災の記述”大幅増


 何を教えたいのかよく分からないが、パリで東日本大震災のパネル展が行われたり、ネットで世界が関心を持っている話ですから、日本人だけ知らないとか関心が無いという事に成らないようにして欲しいですね。

 教科書に、大震災に関する記載が大幅に増えます。

 文部科学省は、来年春から使われる高校の教科書の検定結果を公表しました。今年、合格した132冊のうち、半数近くの63冊で東日本大震災についての記載がありました。地理の教科書では、岩手県宮古市に押し寄せる津波の写真が掲載されたほか、音楽の教科書でも、桑田佳祐さんが復興支援のために作った「明日へのマーチ」など震災関連の曲が載りました。また、原発事故についても写真などで紹介されたほか、政治経済の教科書では、脱原発派と原発推進派それぞれの意見を掲載し、生徒らがグループに分かれて討論する形式の教材も登場しました。
posted by 大翔 at 12:13 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
指カレンダー by hamzeren (01/09)
指カレンダー by hestyfil (01/07)
指カレンダー by forbijonyn (01/07)
指カレンダー by sparrwindi (01/06)
指カレンダー by lighlava (01/06)