2013年07月16日

身勝手な「ハリポタ」のローリング氏、新人に化けて探偵小説を出していた


【7月15日 AFP】人気児童小説「ハリー・ポッター(Harry Potter)」シリーズの作者、J・K・ローリング(J.K. Rowling)氏(47)が14日、別名でミステリー小説を出版していたことを明かした。

 3人の子の母でもあるローリング氏は、4月に英出版社リトル・ブラウン(Little, Brown)から刊行された探偵小説「The Cuckoo's Calling(仮訳:カッコウの鳴き声)」の著者ロバート・ガルブレイス(Robert Galbraith)は、実は自分だと英日曜紙「サンデー・タイムズ(Sunday Times)」に語った。

 ロバート・ガルブレイスのデビュー作である「The Cuckoo's Calling」は、アフガニスタンで負傷した退役軍人の私立探偵コーモラン・ストライク(Cormoran Strike)が、自殺として処理されたモデルの死の真相を調べるというストーリー。他のミステリー作家らの評価も高く、サンデー・タイムズ紙によればハードカバー版で1500部以上を売り上げた。来年には続編が刊行予定だという。

 ロバート・ガルブレイスについて出版社は、2003年から民間の警備保障会社に勤務している英軍警察の元隊員だと説明していた。しかし、軍隊での勤務経験しかない人物が初めて書いたにしては出来が良すぎるのではないかとと疑問を抱いたサンデー・タイムズ紙が、この新人作家の正体について調べていた。

 自分が「ガルブレイス」だと告白したローリング氏は、サンデー・タイムズ紙に「もう少し秘密にしておきたかった。ロバート・ガルブレイスでいることは、とても自由でいられる経験だったから」と語っている。(c)AFP
posted by 大翔 at 17:14 | 青森 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)