2013年07月28日

ぎょ、ギョギョギョ!「肥満の移民は国外退去」、NZ当局が南ア男性のビザ更新を拒否


 だったらさ、事前に何才までは何キロとか、ちゃんと発表しておくべきですよね。

プロテインダイエットミックス30P

新品価格
¥3,450から
(2013/7/28 15:26時点)




【7月27日 AFP】ニュージーランドに6年前に移住した南アフリカ出身の男性が、入国以来30キロも減量したにもかかわらず、太りすぎを理由に就労ビザの更新申請を却下されていたことが分かった。同国紙「プレス(The Press)」が27日に伝えた。

 現在、体重130キロのアルバート・ブテンハウス(Albert Buitenhuis)さんと妻のマーシー(Marthie Buitenhuis)さんは、夫の就労ビザが更新できなければ国外退去処分となる。

 夫妻が南アからニュージーランド南島の主要都市、クライストチャーチ(Christchurch)に移住した当時、アルバートさんの体重は160キロだった。しかし妻によると、「夫は以前の方がずっと太っていたが、これまで就労ビザの更新に問題はなく、夫の体重や健康状態について何も言われたことはなかった」という。

 ニュージーランド移民局(Immigration New Zealand、INZ)の広報担当者はビザ更新を認めなかった理由について、「肥満によって糖尿病や高血圧、心臓病、閉塞性睡眠時無呼吸などの合併症を起こす『多大な危険性』があるため」と指摘。「ニュージーランドの医療サービスにかかるコストと同サービスの需要を最低限に抑制するため、全ての移住者が受け入れ可能な健康水準を維持していることが重要だ」と説明した。

 最近の経済協力開発機構(OECD)の報告では、 ニュージーランドは先進国の中で、米国とメキシコに次いで最も肥満の割合が高い国とされている。(c)AFP
posted by 大翔 at 15:27 | 青森 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)