2013年08月17日

島根県松江市教委「はだしのゲン」を閉架。小中学校から消そうとしているものは?


 島根県松江市は日本海側です。広島とは遠過ぎるのかも知れません。物理的距離はもちろん、精神的距離は数万光年離れているのでしょう。

大きな地図で見る
 こういう大人が子供をダメにするんだよね。
 それは日本の未来をダメにする事だ。


 【藤家秀一、武田肇】広島での被爆体験を描いた、漫画家の故中沢啓治さんの代表作「はだしのゲン」(全10巻)が、昨年12月から松江市内の市立小中学校の図書館で子どもたちが自由に見ることができない閉架の状態になっていることが分かった。市教育委員会が作品中の暴力描写が過激だとして、各校に閲覧の制限を求めた。

 市教委によると、描写が残虐と判断したのは、旧日本軍がアジアの人々の首を切り落としたり、銃剣術の的にしたりする場面。子どもたちが自由に見られる状態で図書館に置くのは不適切として、昨年12月の校長会で全巻を書庫などに納める閉架図書にするよう指示したという。

 現在は作品の貸し出しはしておらず、教員が校内で教材として使うことはできる。市の調査では市立小学校35校、中学校17校のうち、約8割の図書館がはだしのゲンを置いている。

毎日.jpによると
http://mainichi.jp/select/news/20130817k0000m040031000c.html
 出版している汐文社(ちょうぶんしゃ)(東京都)によると、学校現場でのこうした措置は聞いたことがないという。

 ゲンは1973年に連載が始まり、87年に第1部が完結。原爆被害を伝える作品として教育現場で広く活用され、約20カ国語に翻訳されている。

 松江市では昨年8月、市民の一部から「間違った歴史認識を植え付ける」として学校図書室から撤去を求める陳情が市議会に出された。同12月、不採択とされたが市教委が内容を改めて確認。「旧日本軍がアジアの人々の首を切ったり女性への性的な乱暴シーンが小中学生には過激」と判断し、その月の校長会でゲンを閉架措置とし、できるだけ貸し出さないよう口頭で求めた。

 古川康徳・副教育長は「平和教育として非常に重要な教材。教員の指導で読んだり授業で使うのは問題ないが、過激なシーンを判断の付かない小中学生が自由に持ち出して見るのは不適切と判断した」と話す。
 これに対し、汐文社の政門(まさかど)一芳社長は「原爆の悲惨さを子供に知ってもらいたいと描かれた作品。閉架で風化しないか心配だ。こんな悲しいことはない」と訴えている。

「ゲン」を研究する京都精華大マンガ学部の吉村和真教授の話 作品が海外から注目されている中で市教委の判断は逆行している。ゲンは図書館や学校で初めて手にした人が多い。機会が失われる影響を考えてほしい。代わりにどんな方法で戦争や原爆の記憶を継承していくというのか。

 教育評論家の尾木直樹さんの話 ネット社会の子供たちはもっと多くの過激な情報に触れており、市教委の判断は時代錯誤。「過激なシーン」の影響を心配するなら、作品とは関係なく、情報を読み解く能力を教えるべきだ。ゲンは世界に発信され、戦争や平和、原爆について考えさせる作品として、残虐な場面も含め国際的な評価が定着している。【宮川佐知子、山田奈緒】

NHKでは
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130816/k10013832591000.html
中沢啓治さんの妻「戦争の悲惨さを伝えられない」
 「はだしのゲン」の作者である中沢啓治さんの妻のミサヨさん(70)は、「教育委員会が、『はだしのゲン』を自由に読めないようにしているという話はこれまで聞いたことがなく、大変驚いている。『はだしのゲン』は、子どもたちが読めるように描写も抑えている。それでも、一部の描写が過激だということだが、戦争や原爆の被害は決してきれいごとではないし、子どもたちに本当のことを知らせなければ、戦争の悲惨さや平和の尊さについてきちんと伝えられない。松江市教育委員会には、『はだしのゲン』を子どもたちが自由に読めるようにしてほしい」と話しています。

wikipediaによると
 日教組の機関紙『教育評論』で連載していましたね。学校への漫画持ち込みを厳禁とする教師が多い中、「はだしのゲン」だけは校内で堂々と読める唯一の漫画となった結果、1980年代の子供達の間に「ゲン」が広く浸透することとなる。1985年に「第一部完」をもって連載終了。

 そういえば、8月10日。朝日新聞によると
http://www.asahi.com/national/update/0810/OSK201308100029.html
 広島平和記念資料館(広島市中区)が被爆者の姿を再現した人形やジオラマ展示を撤去する方針を決めたことをめぐり、議論が起きている。遺品など「実物」の展示を充実させるためだが、市民からは「一目で悲惨さが分かる」と反対の声も上がる。原爆の惨禍をどう伝えていくべきか−−。
 資料館本館2階には、原爆による火災を思わせるオレンジのライトのもとで、逃げ惑う母や子どもの人形を置いたジオラマ展示がある。人形の衣服は焼け、腕の皮膚はやけどで垂れ下がっている。幅約5メートル、奥行き約3メートルのジオラマは、焦げた衣服や三輪車、溶けた眼鏡など実物の遺品が並ぶ展示の冒頭にある。
 「初代」は1973年に設置されたロウ人形。91年の大規模改修で登場した今の人形はプラスチック製だ。リアルさを追求し、東京都の大手内装会社が製作した。

 ここには書いていないが、この話が出た原因は痛いニュースによると
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1754786.html
この日、市議会予算特別委員会で議題に上った。委員の一人が「旅行代理店のアンケートに、
人形が怖いとの意見があった
」と指摘。石田芳文・被爆体験継承担当課長は「本館リニューアル後は、
展示しない方向で検討している」と述べた。本館は16〜17年度に改修を計画している。

 島根県松江市市教委の話と広島平和記念資料館の話は、実際に原爆を落としたアメリカの思うツボですね。
 それでいいんですか?


〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻

新品価格
¥7,140から
(2013/8/17 23:22時点)



はだしのゲン 文庫全7巻 完結セット (中公文庫・コミック版)

中古価格
¥9,498から
(2013/8/17 23:23時点)



はだしのゲン [DVD]

新品価格
¥4,513から
(2013/8/17 23:24時点)



はだしのゲン自伝

新品価格
¥1,680から
(2013/8/17 23:26時点)



はだしのゲン [DVD]

新品価格
¥3,839から
(2013/8/17 23:27時点)




posted by 大翔 at 22:57 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。