2013年09月25日

ほらね。日本政府と同じでしょう。レール異常放置、計267カ所に JR北、補修基準誤用


 ほらね。嘘の固まりでしょう。
 まったくコントロールしてないのに、世界に向けて平気で嘘をついた安倍総理と同じでしょう。
 だって株主だもの。


 【五十嵐透】JR北海道がレール幅の広がりなどを補修していなかった問題で、同社は25日、新たに少なくとも170カ所で異常を放置していたと発表した。補修を怠っていたのは、少なくとも計267カ所になった。

トピックス:JR北海道トラブル続く
 同社によると、今回判明したのは、すべてカーブ。旧国鉄時代の1985年から新しいレールに切り替える際、補修基準が緩和されたが、それ以前に設置された古いレールについても、緩和された基準を誤って適用していたという。最長で28年間、誤った基準で調べていた可能性がある。

 新たに放置が分かったのは、函館線や札沼線、釧網線など7路線で、大半が駅と駅とを結ぶ本線だった。24日午後に誤りがわかり、補修作業をするため、特急列車などが一時運休したが、25日午前までにすべての補修を終えた。

 85年からレールを切り替えたのは、従来より安全にカーブを走行できる車両が導入されたためで、レール幅はそれまでより5ミリ狭くなった。補修基準は逆に緩和され、5ミリ広がったが、この基準を古いレール幅にも誤って当てはめたため、補修が必要かどうかを判断する広がりの計算に、5ミリの誤りが出る結果となった。

 同社は、レール異常の箇所などについて調査し、23日に国土交通省に報告した。その後、報告に漏れがないか全体の資料を改めて点検する中で、今回の誤りが判明したという。

 約170カ所について、85年以降のいつから適用を誤ったのか、担当者への聞き取りを進めているが、25日午前の段階でわかっていない。


タグ:JR北海道
posted by 大翔 at 17:57 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。