2013年10月09日

イルカ漁の太地町、海洋公園をオープンへ


 これは行ってみたいですね。
 それにしても米アカデミー賞の質の悪さには驚きましたね。
 これ、盗撮映画でしょう。
 アメリカの捕鯨映画でも作ればいいのにね。


【10月7日 AFP】米アカデミー賞(Academy Awards)長編ドキュメンタリー賞を受賞した米映画『ザ・コーヴ(The Cove)』でイルカの追い込み漁を批判的に取り上げられた和歌山県太地(Taiji)町が、イルカと一緒に泳いだりできる海洋哺乳類公園をオープンさせる──だが毎年恒例のイルカ漁は止めないという。太地町役場の職員が7日、語った。

太地町役場の和田正希(Masaki Wada)氏はAFPの取材に、カヤックに乗って小型のクジラやイルカを間近で見たり、一緒に泳いだりできる施設を作るために湾の一部の調査を始めたと語った。

だがこのプロジェクトは、毎年のイルカ漁を止めさせようと運動している自然保護活動家からの圧力に屈したというのとはほど遠く、むしろイルカ漁の継続に役立てることが目的だという。

和田氏は「(平成20年度から)すでに、イルカや小型鯨類を観光資源として、イルカ追い込み漁をしている湾で活用している。夏の7月末から8月末にかけて、クジラと出会える海水浴場として、湾の中のいけすからクジラをはなし、すぐ近くで見えるようにする事業を実施している」と述べた。

さらに同氏は「これをもっと大規模にやろうと計画しています。町全体を公園化する構想の一部で、ホエールウォッチングをしたり、鯨肉やイルカ肉を含め、ゆたかな海産物を味わってもらうなどして楽しんでもらう構想です」と語った。

新たな海洋公園は、イルカを追い込み、一部を水族館や海洋公園に販売し、残りを食肉用に捕殺している畠尻湾(Hatakejiri Bay)ではなく、町北西部の森浦湾(Moriura Bay)に作られる予定。規模は約28ヘクタールで、湾入り口にネットを設営して干潟や砂浜を含む自然公園として開発し、園内に太地町付近で捕獲したゴンドウクジラとバンドウイルカを放す計画。オープンは5年以内を予定している。

和歌山県によると太地町は2012年度にイルカ1277頭を捕獲した。今年度の漁は9月から来年8月までで、2026頭までの捕獲を許可しているという。(c)AFP


タグ:捕鯨
posted by 大翔 at 02:54 | 青森 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。