2014年01月12日

安倍首相、2月22日に訪露 あれ?中国と韓国は?



 靖国の話を中国や韓国に誠心誠意説明するんじゃなかったの?
 いろんな方法が有ると思うけど、対面会話が一番ですよね。
 また国民が忘れるのを待っているだけでしょうか?


 安倍晋三首相は11日、2月22日頃にロシアのソチを訪問し、プーチン大統領と首脳会談を行う方針を固めた。首相はソチ冬季五輪のフィギュアスケート・エキシビション(公開演技)を鑑賞し、国会日程が許せば23日(日本時間24日)の閉会式にも出席する。首脳会談では北方領土問題を協議し、プーチン氏に今秋の訪日を求める。複数の政府関係者が明らかにした。

 プーチン氏は昨年10月の日露首脳会談で、首相にソチ五輪開会式(2月7日)への出席を招請。しかし同日は、日本政府が「北方領土の日」と定めており、首相は見送りを決めた。

 開会式は、米国のオバマ大統領やフランスのオランド大統領ら主要国の首脳が欠席を決めた。ロシアの人権問題などへの反発とみられ、大会期間中も要人の訪問は過去の五輪より少ないとみられている。

 ただ首相は昨年、プーチン氏と4度も会談を開くなど、首脳間の個人的関係が深い。早くからソチ訪問にこだわっていたといい、政府関係者は「首相のソチ訪問が目立つ形となれば、プーチン氏との関係も強まる」と意義を語る。

 日露両政府は今月31日、東京で領土問題などを議論する次官級協議を開き、首脳会談の準備を進める方針だ。領土問題の進展は、プーチン氏のトップダウンによる決着が不可欠とされているだけに、首相周辺は「プーチン氏が秋に訪日する際に一定の成果が出せるよう環境整備を進めたい」と話している。


posted by 大翔 at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。