2014年02月24日

見直し進む地震予測 南海トラフや九州で揺れの確率上昇


 東日本大震災から間もなく3年。日本はどこでも大地震に見舞われる可能性があり、自分が住む地域の危険度を知ることは防災の一歩になる。

 目安となるのは、海溝型や活断層の地震の発生確率を予測する「長期評価」と、震度6弱以上の揺れに襲われる確率を示した「地震動予測地図」だ。政府の地震調査委員会が毎年更新し、公表している。

 確率は太平洋側で特に高い。マグニチュード(M)8級の大地震が起きる海溝が連なるからだ。北から千島海溝と日本海溝、関東地震が起きる相模トラフ(浅い海溝)、西南日本では最大でM9が想定された南海トラフが延びている。関東地方では、30年以内にM7級の首都直下地震が起きる確率が70%と高い。M7級の活断層は全国各地にあり、糸魚川−静岡構造線断層帯などが延びる中部地方は、内陸でも揺れの確率が高くなっている。

 南海トラフでは従来、東海・東南海・南海の3地震を個別に想定していた。だが調査委は昨年、次に起きる地震の場所や規模は予測できないとして、全域を一括して評価する手法に改め、30年以内にM8〜9が起きる確率を一律70%と算出。震源域が日向灘まで拡大する可能性を考慮した結果、四国から九州南部で揺れの確率が上昇した。

 大震災の教訓を生かすため、調査委は全国で予測の見直しを進めているが、相模トラフや日本海側などは作業が遅れている。確率が低いとされている地域でも油断せず、防災対策を着実に行うことが大切だ。


タグ:南海トラフ
posted by 大翔 at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。