2014年03月06日

日本政府、課税含むビットコイン規制を検討? 子供銀行に課税するようなものだよね。


 子供銀行に課税するようなものでしょう。
 ネットだよ。ネット。
 ルパン三世が現物の宝石や現金を盗むより、ハッカーが架空通貨を盗む方が遥かに簡単なんじゃないの?
 どうせ架空通貨なのだから、盗まれたら、また増やせばいいじゃない。
 それによって価値が下がろうと、架空通貨だから^^
 誰がどれほど損しても、自己責任でいいんじゃないんですか?
 課税するという発想の意味が分からない。


【3月5日 AFP】日本政府が仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin)」に対して、取引への課税などの規制を検討していると、日本経済新聞(Nikkei)が5日、報じた。

日経によると、政府は早ければ週内にも新たなガイドラインを発行する見通しで、ビットコインに対する厳しいルールが定められる可能性もある。

ビットコインの取り扱いについては世界各国の当局が対応策を検討中だが、日本がビットコインに厳しいルールを課す最初の主要経済国になるかもしれない。

日本円や米ドルなどの既存通貨に対する低コストな代替物として宣伝されていたビットコインだったが、先週、東京を拠点とするビットコイン取引所「マウントゴックス(MtGox)」が民事再生法適用を申請したことを受けて、ビットコインの今後に対する危機感が生じていた。

■「ビットコイン銀行」にサイバー攻撃、コイン盗まれ閉鎖

一方4日には、ビットコインの銀行を名乗っていたカナダの「フレックスコイン(Flexcoin)」が、システムを攻撃され60万ドル(約6100万円)相当のビットコインを盗まれたとし、閉鎖を発表した。

「2014年3月2日、フレックスコインは攻撃を受け、ホットウォレット(ネットに接続されているビットコインのウォレット)内のコイン全額を盗まれた。盗まれたのは896BTC(BTCはビットコインの単位)に上る」と、フレックスコインはウェブサイトに声明を発表。「フレックスコインは、この損失から立ち直るだけの資源や財産を有していないため、即時閉鎖を決めた」という。

ビットコイン預金業務を行っていた同社は、規制の対象外であり、無保険で、通常の銀行が得られる保護の対象外だった。「コールドストレージ(ネットに接続されていないビットコインのウォレット)」に保管されていたビットコインについては預金者に返金するとしている。(c)AFP
posted by 大翔 at 16:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)