2014年04月04日

「これって便乗値上げ!?」消費者庁への相談急増


 消費税上げておいて、商品価格を上げちゃダメって事はないでしょう。
 自動販売機の例などは、どうにもならないではないですか。
 はじめから解っている事でしょうに。。。


 消費者庁は、消費税の引き上げ初日から2日間で「便乗値上げ」の相談が約100件あったと発表しました。便乗値上げとは、3%の値上げが行われるべきところを合理的な理由もなく3%を超えて値上げすることです。相談で具体的な内容は、「コーヒー税込200円が220円になったが、上がりすぎではないのか」「スーパーで税込価格だった商品が同じ値段のまま税抜価格となっていて、それに8%が課税される」などというものです。一方、業者側はこうした懸念の払拭に取り組んでいます。ジュースの自動販売機では、120円の商品が1円単位のお釣りがでないため10円値上がりしました。このままだと便乗値上げと指摘される恐れがあるため、一部商品の価格を据え置き、全体として値上げ幅が増税分3%になるよう調整を行っているところもあります。


posted by 大翔 at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。