2014年08月05日

速報:理研の笹井芳樹氏が非科学的な自殺


 先月(7月)ネイチャーが論文を撤回しているのだから、すでに国内問題でしかないのに今頃自殺ですか?
 現実から自分さへ逃げられれば良いという判断なのでしょうか?
 念仏でも唱えていたのでしょうか?首を吊っても西方浄土には行けませんぜ。
 遺書を発表するとかしないとか云われてますが、本人の結論が自殺なら、何が書かれていても大差はなく、この半年の騒ぎが彼の命から消える事はないでしょう。
 本来なら、生きて小保方に伝えなけれなならない事があるんじゃないんですか?
 成功の意味(定義)、科学の本分、役職の責任、ユニットとは、などなど。
 この地球上でスタップ細胞を、今のところ実験証明できた科学者は居ないのです。
 仏教では両舌は地獄だそうです。
 これでまた、世界の笑い者になったか?
 もう税金を投入するの止めない?
 検証実験なんて税金を上手く引っ張る為の手段でしょう。
 その前に世界に対してやる事あるよね。今となっては無理でしょうけどね。
 笹井個人も理研全体も、なんの反省もできないでしょう。


 5日午前9時ごろ、神戸市中央区港島南町2丁目の先端医療センターの関連施設内で「男性が首をつっている」と関係者から110番通報があった。神戸水上署によると、男性は理研発生・再生科学総合研究センター(CDB)の笹井芳樹・副センター長(52)で、近くの神戸市立医療センター中央市民病院に搬送されたが、同日午前11時3分に死亡が確認された。

 神戸水上署によると、笹井氏は階段5階の踊り場で、ひも状のもので首をつっていたという。県警によると遺書らしきものが見つかっており、自殺を図ったとみている。



 笹井氏は1986年に京都大医学部を卒業後、米カリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)客員研究員などを経て、36歳の若さで京都大教授に就任。2000年から理研発生・再生科学総合研究センターに在籍し、13年4月から副センター長に就いた。


ブログ内スタップ細胞


posted by 大翔 at 13:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 幻のSTAP細胞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。