2014年08月28日

はじめから嘘だらけの理研 スタップ細胞で血税すってるだけ


【8月27日 AFP】理化学研究所(Riken)は27日、STAP細胞が存在するかどうかを確認する検証実験の中間報告を発表し、実験の再現に成功していないことを明らかにした。

日本の科学界を震撼させたSTAP細胞論文の不正問題を受けて理研は4月、小保方晴子(Haruko Obokata)ユニットリーダーらが今年初めに発表した研究を独自に検証する実験を開始した。だが、実験の再現ができなかったことで、STAP細胞の存在はさらに疑わしいものになった。

■22回実験

理研は中間報告書の中で「これまで22回の実験」を行ったものの「(小保方氏の)論文に報告されたような細胞塊の出現を認めることはできなかった」と述べた。

7月以降、小保方氏も加わり、実験結果の再現に取り組んでいる。

記者会見した理研の相澤慎一(Shinichi Aizawa)特別顧問は、今後の研究チームの活動について、条件を変えて実験を続けるとともに小保方氏自身が得たデータを検討していると述べた。(c)AFP/Harumi OZAWA


まだ本格的な実験には着手していない?ずるいだけの理研が中間発表


posted by 大翔 at 14:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 幻のSTAP細胞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。