2014年09月08日

スコットランド独立問題、初めて賛成が反対を上回った


 イギリスとか英国っていうけど、本当の国名はグレートブリテン及び北アイルランド連合王国(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)といって、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つのカントリーから構成される立憲君主制国家であり、英連邦王国の一国なのだ。
 ここからスコットランドが独立しようとしている。
1024px-Europe_location_SCO2.png
 周辺とどう折り合いをつけるつもりなのか?
 日本から西日本が独立するようなものか?

 

 イギリスと言えばユニオンフラッグだが、その生い立ちは
675px-Flags_of_the_Union_Jack_jp.png
 はて?
 スコットランド独立後のユニオンフラッグのデザインも変わる事になりそうですね。
 そもそも身を守る為にはじまった合体が、一方ではバラバラになる運動が各地で起こってますね。
 集団的自衛権連合を広げつつ、自力で立とうとする動きも不思議ではないが、一歩前進するときは一旦不安定になるものである。



【9月7日 AFP】英国からのスコットランド(Scotland)の分離独立の是非を問う住民投票を11日後に控えた7日に公表される世論調査結果で、独立を支持する意見が初めて反対を上回ったことが分かった。

調査は英民間調査会社YouGovと英高級日曜紙サンデー・タイムズ(Sunday Times)が実施した。その結果、独立を支持する「イエス」が51%に上ったのに対し、反対する「ノー」は49%だった。どちらに投票するか「未定」との回答は含まれていない。

2ポイントのリードは誤差の範囲内とはいえ、今回の調査結果は今月18日の住民投票を前に、独立を目指すスコットランド行政府のアレックス・サモンド(Alex Salmond)首相率いるスコットランド民族党(Scottish National Party、SNP)にとって価値ある追い風となった。

こうした中でサンデー・タイムズは、英国のエリザベス女王(Queen Elizabeth II)が住民投票に「大きな不安」を感じており、最新情報を毎日報告するよう要請したと伝えた。

スコットランドは英国の国土面積の約3分の1を占め、英国の核ミサイル「トライデント(Trident)」が配備されている。SNPはスコットランド独立が実現した場合、2020年までに同ミサイルをスコットランド域外に出す方針を示している。

仮に住民投票でスコットランド独立が認められれば、国際社会における英国の立場をめぐって一連の問題が提起されるとともに、デービッド・キャメロン(David Cameron)首相の辞任を求める圧力も強まるだろう。(c)AFP/Katherine HADDON


posted by 大翔 at 07:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。