2014年10月11日

東京地裁 「グーグル」に対して、検索結果の一部の削除を命じた仮処分決定


 Google ってどうよ?
 AdWords で儲けて AdSense で儲けてない?
 金だよね、金。
 
 訴えた日本の男性が何をしたかというと、誰もが一度はやってみるような事だよね。
 そう、自分の名前を検索するということ。
 私の場合は同姓同名がないので関係ありませんが、よくある名前だとそうはいきません。
 たとえばあなたの同姓同名者が犯罪者だったとします。新聞に載りました→誰かがブログに書きました→検索されました。となれば、犯罪者でないあなたはどう感じますか。
 または、あなたの友人が読んだら、上司が読んだら、恋人が読んだら、家族が読んだら、、、
 Google に人間の心があるなら迷わず削除するでしょう。
 無いから迷ってるんでしょうね。


 日本人男性の人格権が侵害されているとして、東京地裁がインターネット検索最大手「グーグル」に対して、検索結果の一部の削除を命じた仮処分決定を巡り、グーグル側が「削除するかどうかを検討している」と男性側に伝えてきたことがわかった。


posted by 大翔 at 03:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。