2014年12月25日

ナッツリターンの根っこは何?

 いろんな事が段々分かってきましたよね。 

 ソウル(CNN) 韓国検察当局は24日、ナッツの出し方に怒って搭乗機を引き返させたとされる大韓航空の趙顕娥(チョヒョナ)・前副社長(40)に対し、航空保安法違反などの疑いで逮捕状を請求した。

 ナッツリターンよりも驚いたのは、2014年4月15日のセウォル号沈没ですよね。なにしろ修学旅行中の壇園高等学校2年の生徒325人と引率教員14人のほか、一般客108人を船に閉じ込めていち早く脱出し、沈めたのですから。少なくともナッツリターンで人は死んでない。
 とは言うものの、大韓航空のナッツリターンにせよ、セウォル号沈没にせよ、共通点は権力との癒着ですよね。それと他人を人間だと思えない心なきアホです。
 
 韓国はまだ、こんな歴史の続きをやっているのだろうか


 視野が狭い臆病者が権力者になると、どんな組織でも大変ですよね。
 どこが儒教の国なんだか韓国も例外ではない。


posted by 大翔 at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。