2015年01月29日

ヨルダン「死刑囚釈放の用意あり」と報道、イスラム国人質事件


 この内容はその後ISIS側から条件が明確になりましたね。
 交換はあくまでも「サジダ・リシャウィ」と「後藤健二JOGO」との1対1で、サジダ・リシャウィを木曜日の夕方(日本時間で深夜)までにトルコ国境に連れてこなければパイロットを殺すというものだ。
 敵ながらあっぱれなガードの切り方ですね。
 次はパイロットを使って身代金をヨルダンに請求すると、日本はどうするか?
 ヨルダンがISIS側に立つことにならねばいいが、もし日本が協力しないでパイロットが殺されれば、日本に対する恨みは深いだろう。


【1月28日 AFP】(一部更新)ヨルダン国営放送は28日、イスラム教スンニ派(Sunni)の過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」に拘束されているヨルダン軍パイロットの解放と引き換えに、ヨルダン政府が同国に収監されている死刑囚を釈放する用意があると伝えた。後藤さんについては触れていない。

同国営放送は、政府報道官の談話として「ヨルダン人パイロットが無事解放されれば、サジダ・リシャウィ(Sajida al-Rishawi)死刑囚を釈放する用意がある」と伝えた。

イスラム国は前日、後藤さんとみられる男性の新たな画像と音声による声明を公開し、ヨルダンで収監されているリシャウィ死刑囚を釈放しない限り、後藤さんと同じく人質となっているヨルダン人パイロットの2人を24時間以内に殺害すると脅迫していた。

リシャウィ死刑囚は、2005年にヨルダンの首都アンマン(Amman)で60人が死亡した同時爆破事件で、自爆に失敗し拘束され、06年に死刑判決を受けた。(c)AFP


posted by 大翔 at 13:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事・戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。