2015年03月28日

うつ病患者だった? フランス墜落事故 ドイツ格安航空会社ジャーマンウイングス 


 まず、診断書を書いたのは誰なのか?
 どこの病院なのか?
 そこにカルテはあるのか?
 2009年からなのに、ドイツ格安航空会社ジャーマンウイングスはなぜ把握していなかったのか?
 一人の副操縦士のせいにしていいのか?
 理研と同じ匂いがする。


【3月27日 AFP】ドイツ格安航空会社ジャーマンウイングス(Germanwings)9525便の墜落で、ドイツ紙ビルト(Bild)は27日、同機を意図的に墜落させたとされる副操縦士が6年前に深刻なうつ病を患っていたと報じた。

ビルト紙は、ドイツの航空規制当局であるドイツ連邦航空局(LBA)の資料をもとに、アンドレアス・ルビッツ(Andreas Lubitz)副操縦士(28)が2009年に「深刻なうつ病」で精神医学的な助けを求め、その後も医師からのサポートを受けていたと伝えた。ルビッツ副操縦士は治療を受けており、ジャーマンウイングスの親会社ルフトハンザ航空(Lufthansa)がこの情報をLBAに報告していたという。

ルフトハンザ航空のカールステン・シュポア(Carsten Spohr)最高経営責任者(CEO)は、ルビッツ副操縦士が2008年から操縦士の訓練を始めたが、この訓練を「一定の期間」中止していたことを明らかにした。

ルビッツ副操縦士はその後訓練を再開し、2013年にエアバス(Airbus)A320型機の資格を取得した。ビルト紙によると、訓練を中止していた期間中に「うつ病と不安発作」を患っていたという。

■「機長はおので扉を破ろうとした

またビルト紙は同日、治安当局筋の話として、副操縦士によって操縦室から締め出された機長が、おのを使って操縦室内に戻ろうとしていたと伝えた。

9525便の墜落については26日、回収された同便のボイスレコーダー(音声記録装置)解析を担当するブリス・ロバン(Brice Robin)主任検察官が、ルビッツ副操縦士が機長を閉め出し、操縦室内に一人きりになった際に意図的に同便を墜落させた疑いがあると発表した。

さらに仏検察当局は、ボイスレコーダーの記録から、同便が降下を始めた際、機長は扉を何度もノックし操縦室内に戻ろうとしていたようだと伝えていた。

一方ビルト誌は27日、機長がおのを使って操縦室の装甲扉を破壊しようとしたと伝えた。

この情報について確認はとれていないが、ジャーマンウイングスの広報担当者はAFPに対し、機内におのがあることを認めた。この広報担当者はビルト紙に対し、そうした道具は「A320型機の安全装備の一部」だと述べている。(c)AFP






posted by 大翔 at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。