2015年04月14日

なりきり飲食ツアー?007の場合


【4月13日 Relaxnews】映画「007」シリーズ最新作『スペクター(SPECTRE)』の今秋公開を前に、主人公ジェームズ・ボンド(James Bond)になりきって世界中のレストランを食べ歩いてはいかが―ー? こんなガイドブックがこのほど登場した。

「ジェームズ・ボンドの料理:007の食事の全て(原題、James Bond's Cuisine: 007's Every Last Meal)」では、著者マット・シャーマン(Matt Sherman)氏が原作小説54作品と映画23作品を調べ上げ、世界各地に実在するレストランや飲食スポット254店を紹介している。

シャーマン氏によると、全作品を通して最も登場回数が多いのは、英ロンドン(London)のメイフェア(Mayfair)地区にあるレストラン「スコッツ(Scott’s)」。ボンドは映画と小説の中で計4回訪れている。

英国にいる間にボンドが好んで食べているのは、フライドポテトを添えた昔ながらのステーキや、高級百貨店「ハロッズ(Harrods)」のハンパー(ピクニックバスケットのセット)などだ。

華やかなスパイの生活を体験したいなら、高級シャンパン「ドン・ペリニヨン(Dom Pérignon)」を飲みながらアスコット競馬場(Ascot Racecourse)名物のスモークサーモン・サンドイッチを味わうのがおすすめだという。

ボンドは、華やかなモナコのギャンブルの殿堂「カジノ・ド・モンテカルロ(Casino de Monte Carlo)」と、仏パリ(Paris)の「ハリーズ・ニューヨークバー(Harry’s New York Bar)」で食事をするのも好きなようだ。どちらも、007全作品中に3回ずつ登場する。

旅行サイト「GoEuro」では、ブログ(http://blog.goeuro.co.uk/dine-like-007/)で同ガイドブックに掲載された店を国・地域別に示した便利な地図を紹介している。(c)Relaxnews/AFPBB News


タグ:007
posted by 大翔 at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。