2015年06月28日

途中出場の岩渕が決勝点!なでしこジャパンが準決勝へ




【6月28日 AFP】(記事更新)女子サッカーW杯カナダ大会(FIFA Women's World Cup 2015)は27日、準々決勝が行われ、前回覇者の日本は岩渕真奈(Mana Iwabuchi)が終盤に決勝点を奪い、オーストラリアを1-0で破り、準決勝に進出した。

22歳の岩渕は後半42分、無得点が続いた試合の均衡を打破し、チームをベスト4に導いた。

日本は7月1日に行われる準決勝で、開催国カナダもしくはイングランドと対戦する。そしてその勝者は、6月30日に行われるもう1つの準決勝、ドイツ対米国の勝者と決勝で対戦する。

アジアのライバル同士の激突となったコモンウェルス・スタジアム(Commonwealth Stadium)での一戦は、日本が序盤から得点チャンスを作ったものの、両チーム無得点のまま前半を終えた。

日本は前半22分、クロスに走り込んだ大野忍(Shinobu Ohno)が至近距離から放ったシュートは枠を外れ、同33分には宮間あや(Aya Miyama)が得点を狙うも、シュートはオーストラリアのGKリディア・ウィリアムズ(Lydia Williams)に弾かれた。

そして迎えた後半、オーストラリアは阪口夢穂(Mizuho Sakaguchi)のミスから絶好のチャンスを迎えたが、サマンサ・カー(Samantha Kerr)のシュートはGK海堀あゆみ(Ayumi Kaihori)がセーブした。

なでしこは前半から引き続きゴールに迫ったものの、大儀見優季(Yuki Ogimi)、宮間のシュートは得点につながらなかった。

すると佐々木則夫(Norio Sasaki)監督は後半27分、大野に代えて岩渕を投入した。そして岩渕は試合終盤、岩清水梓 (Azusa Iwashimizu)のシュートがブロックされたこぼれ球を至近距離から押し込み、試合を決定づけた。(c)AFP



posted by 大翔 at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。