2015年09月07日

ドイツ、移民流入による今年の経済負担予測1兆3200億円


 アメリカこそ受け入れるべき国ですよね。
 あの米国の嘘つきブッシュが、大量破壊兵器があるからと勝手に罪をなすりつけて行った2003年3月のイラク戦争。イギリスなどと共に『イラクの自由作戦』と命名した作戦に則って、侵攻を開始した。
 おそらくこのタイトルは「イラクの」ではなく、『イラクで自由作戦』というのが正解だろう。
 理由はともあれ、イラク攻撃にはフランス、ドイツ、ロシア、中国などが強硬に反対を表明した。国連の武器査察団による査察を継続すべきとする声もあったが、それを押し切った形での開戦となった。
 嘘つきブッシュにまんまと騙されて、国連の支持なしの攻撃である人殺しに参加した国は、近頃流行りの集団的自衛権で結ばれたイギリスをはじめ、反米といわれるイラク周辺諸国も参加していた。その中にはシリア軍も入っている。
 妄想の中を暴走している嘘つきブッシュが行った戦争に巻き込まれたようなものですね。
 そのシリアの民が助けを求めているのに、白人民主主義を押し付けているアメリカは助けようとしないのでしょうか?
 広い土地を持っているのですから、大量に恩返しすれば、反米感情も消えて行くと思うのですが、やらないんですよね。


【9月6日 AFP】ドイツの日刊紙「フランクフルター・アルゲマイネ(Frankfurter Allgemeine Zeitung)」は5日、難民申請を希望する記録的な移民の受け入れによる同国の経済負担額は、昨年度の4倍となる100億ユーロ(約1兆3200億円)に達する可能性があると報じた。

欧州最大の経済大国であるドイツには、今年だけでも、難民申請を希望する移民約80万人が流入するとみられているが、アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相は5日、均衡の取れた予算をまとめると述べた。

フランクフルター・アルゲマイネ紙は、昨年の難民申請者20万3000人にかかった費用に従って今年の費用を算出。ドイツでは今年約45万人の難民申請があることを予測し、56億ユーロ(約7400億円)の予算を用意していた。しかし流入する移民の増加を受け、100億ユーロという数字は連邦や地域、地方など全てのレベルの行政の推定予算と一致することが見込まれるという。

ドイツは難民申請者1人ごとに、申請中の宿泊費や食費、医療費、毎月の手元金143ユーロ(約1万9000円)などを合計し、1万2000〜1万3000ユーロ(約160万〜170万円)の費用が地元当局の負担になると予測している。

その上、各地域で政府が雇用する追加の教職や、移民・難民問題に対応する連邦政府の職員2000人、警察の強化などで5億ユーロ(約660億円)が必要となる可能性があるという。

メルケル内閣は6日夕方、各州および地方行政の負担分についての話し合いを行う予定で、予算の負担分は今月24日までに決定される。(c)AFP



posted by 大翔 at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。