2015年11月24日

「ゆめぴりか」って、なんですか?

[ゆめぴりか] ブログ村キーワード
【今話題のお米!】北海道ゆめぴりか 5kg



 ゆめぴりかの名前の由来は、「夢」とアイヌ語で「美しい」という意味の「ピリカ」をあわせて名付けられました。北海道の夢がつまった美味しいお米です。

 2008年、北海道上川郡比布町の北海道立上川農業試験場(現・北海道立総合研究機構農業研究本部上川農業試験場)により育成された品種です。北海道の優良品種として採用された極良食味米で、一般栽培が開始される2009年(平成21年)度米より市販が開始されたが、この年の天候不順で販売数量が当初の生産・出荷見込み数量の1割弱の800トン程度しか確保できなかったのに加え、前評判の高さから品薄状態が続き、数週間で販売を終了した。
 このため、「ゆめぴりか」として出荷基準に達しなかった規格外米と「おぼろづき」を8対2でブレンドした米を追加で販売する措置がとられた。規格外米は当初、一般市販する予定は無かったが、入手できなかった消費者からの要望に応える形で決まったものである。
「ほしのゆめ」や「ななつぼし」はおろか、道産米随一の「おぼろづき」すら凌ぐとされるその食味は、「コシヒカリ」並との評価もあり注目されている(ただし、比較には栽培地を考慮した慎重さが必要であり、単純に結論は出し難い)。
 また、食味に影響するアミロース含量は「おぼろづき」より高い。収量面では「きらら397」を下回るが、「ほしのゆめ」や「おぼろづき」よりは多収である。
 北海道を例にとると直近100年間で平均気温が2度以上高くなるなど、水稲の栽培適地が北上しつつある現状がある。それに適応するがごとく、前世代の主力品種と比べ幾分かの耐冷性と引き換えに食味と収量が向上する本品種は、次期主力銘柄として広い適地見込みもあって期待されている。また、早晩性や分げつ性等その他特性はおおむね現在の主力道産米に似る。また、最上級ランクの特A品は他のブランド米より3割程度高値で取引される。
交配組合せ:札系96118(きらら397の培養変異)/上育427号(ほしたろう)



【今話題のお米!】北海道ゆめぴりか 5kg

【今話題のお米!】
北海道ゆめぴりか 5kg

販売価格




【今話題のお米!】北海道ゆめぴりか 5kg 【今話題のお米!】北海道ゆめぴりか 5kgをカートに入れる


posted by 大翔 at 11:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着商品のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。