2016年01月05日

サムゲタン(参鶏湯)作れますか? カンタン豆知識

[サムゲタン] ブログ村キーワード

 サムゲタン(参鶏湯)といえば、韓国料理の一つですよね。元々は韓国宮廷料理です。
 韓流が大流行りだった頃、本場の韓国で召し上がった方も多いでしょう。
 どんな料理かというと、これ↓

本場韓国の味・韓国宮廷料理「参鶏湯(サムゲタン)2袋」
 作り方は、まず鶏の腹から内臓を出して、そこに高麗人参と洗ったもち米、さらに干しナツメ、栗、松の実、ニンニクなどを詰めた後、水に入れて最低2〜3時間じっくり煮込みます。
 ご家庭によっては、丸一日煮込むこともあるようです。煮込む際に長ネギなどを加えることもあり、微妙な味の違いはそのまま家庭の味、母の味となっているようです。
 ひとり1羽ずつ、熱々のスープに入れてトゥッペギ(小さい土鍋)でいただきます。

本場韓国の味・韓国宮廷料理「参鶏湯(サムゲタン)2袋」
 朝鮮風では調理時に味付けはほとんど行なわず、食卓で塩・コショウ、キムチなどで味を整えます。小皿に塩を入れ、少量のスープで溶き、そこに肉片をひたすという食べ方もあるようです。
 よく煮込んだ場合には簡単に骨がはずれ、また軟骨まで食べることができる。小骨も食べられるとされるが、鶏の小骨は鋭くとがった形に砕けて胃を傷つけるので食べないほうが安全です。スープを残し、そこにご飯を入れると、これまた美味しい雑炊になります。
 料理が得意な方なら訳もない事だと思いますが、韓国で食べた忘れられない参鶏湯(サムゲタン)を日本でもう一度食べたくなった、でも作れない。
 そんな時は是非これです↓

本場韓国の味・韓国宮廷料理「参鶏湯(サムゲタン)2袋」
★ 本場韓国で作ったものを直輸入!!
★ 寒い冬はもちろん、本来夏の料理なので真夏のスタミナ不足にもってこいです。
★ プロも認める本格調理!!しっかりダシがきいています♪
★ お約束の若鶏まるまる1匹入ってます!!
★ 常温保存可能。温めるだけの簡単調理!!
★ 化学調味料、保存料が入っていない無添加食品!!

本場韓国の味・韓国宮廷料理「参鶏湯(サムゲタン)2袋」
作り方
 トロ火で10分ほど温めるだけで食べられます。
 薄味に仕上げておりますので、お好みでお塩を加えてお召し上がりください。


本場韓国の味・韓国宮廷料理
「参鶏湯(サムゲタン)2袋」

販売価格




本場韓国の味・韓国宮廷料理「参鶏湯(サムゲタン)2袋」 本場韓国の味・韓国宮廷料理「参鶏湯(サムゲタン)2袋」をカートに入れる
posted by 大翔 at 11:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着商品のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)