2016年05月24日

STAP細胞の小保方いわく「本当に殺されると思った」だと

 ひどい人ですね〜。未だに科学が分からないのでしょう。
 人の道もわからないままですね。
 科学の本文は実験証明なのだから、結果を改ざんした時点でアウト!
 日本ではこの話題を1年も引っ張ってましたよね。マスにとっては視聴率や売上が上がって楽しかったでしょう。
 そして今日、ミヤネ屋でまたやってます。あるんでしょうか?だって^^

 婦人公論で瀬戸内寂聴との対談が発売されるそうですが、そのなかで小保方は「男性には本当に殺されそうになった。」といっているらしい。
 嘘をつかなければよかったのですよ。
 実験証明できてないのに「ある、ある」っていうからダメなんですよ。
 役職もいい加減でしたよね。名ばかりのリーダーではダメなんですよ。
 「海外からはお誘いがある。」というなら、とっとと海外へ行けばいいのでは?

 若山照彦山梨大教授に対しては「人が変わるのか、もともとそうだったのを見抜けなかったのか」という。
 とにかく他人のせい。

 
 


posted by 大翔 at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 幻のSTAP細胞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。