2016年05月25日

警察が隠蔽していた冨田真由さんからの110番と怠慢

 小金井市で、私立大3年でアイドル活動をしていた冨田真由さん(20)が刺され重体となった事件で、
冨田さん本人からの110番を受けて、約10分間つながったままだったことが25日、捜査関係者への取材で分かった。

 警察はこの事実を隠蔽して、目撃者から110番通報があったと嘘をついていた。
 しかも業務怠慢して、パトカーを自宅に向かわせたという。
 GOS情報を確認するという手順を無視して、犯罪に手を貸したようなものだ。

 捜査関係者によると、21日午後5時5分に本人からの110番が警視庁の通信指令センターにつながり、「助けて」という声が聞こえたが、 担当者からの呼び掛けには応答がなかったという。
 アホすぎますよね。

 警視庁によると、通報があったのは21日午後5時5分ごろ。事件前に冨田さんから同庁に相談があり、番号が登録されていたため冨田さんからと分かったという。警視庁はこれまで、同5時6分ごろの目撃者からの通報が最初だったと怠慢を隠して嘘を説明していた。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000075521.html
posted by 大翔 at 12:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報