2016年05月27日

オバマ大統領 もうすぐ広島へ

 アメリカのオバマ大統領は27日、現職の大統領として初めて被爆地・広島を訪問します。その移動は厳戒態勢で行われます。
 まずサミット会場のある三重県の賢島からヘリで中部国際空港へ移動し、大統領専用機エアフォースワン で山口県の岩国基地へ向かいます。
 さらに、再びヘリに乗り換えて広島市内に向かい、平和公園までは車で移動する予定。

 (政治部・白川昌見記者報告)
 平和公園に到着した後は、最初に原爆資料館を訪れます。
 原爆の悲惨さに直接触れたうえで、5分程度のスピーチを行う予定です。
 さて、何を言うのでしょう。おそらく世界中から見守られているでしょう。
 原爆資料館の中での様子は非公開となるようですが、安倍総理大臣と供に資料を数点見学し、メッセージの記帳も行う予定です。
 ま、世界で唯一核兵器を使用した国として「核廃絶を主導する道義的責任がある」と今後の取り組みへの決意を示すだろうと思われますが、広島市民が期待しているような心ある行動へのスピーチができるでしょうか。
 その場には被爆者3人も出席する予定で、スピーチの後にオバマ大統領の方から声を掛ける事になっている。
 会場には高校生などの若い世代も招待されていて、「核兵器のない世界」の実現を目指して未来志向の訪問を演出します。お芝居ですよね。
 
 本気で核の使用をできないようにするなら、もはや核保有国は米国とロシアの二国ではないのだから、どの国が使おうと、使用した者を公開処刑するように国連で決めればいいのですよ。
 核兵器が地球からなくなるまで待っていれません。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000075710.html
posted by 大翔 at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事・戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)