2016年10月08日

動画で見るニュース 東京都の嘘

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20161007/Tbs_news_71503.html

豊洲新市場で「盛り土」がされず地下空間ができていた問題です。東京都は調査報告書の中で、この地下空間について、「技術会議が提案した」としていたことを誤りだったと認めました。実際に提案していたのは、技術会議ではなく、東京都でした。
 「技術会議の独自の提案という形で」(澤 章 次長、東京都庁・先月30日)

 これまで都は、地下空間の必要性について技術会議が「独自」に提案したものだと説明。先月公開した報告書でもそう明記していました。しかし・・・

 「(技術会議が)提言した内容?」(公明党 大松 成 都議)
 「第9回技術会議におきまして、最終報告書の校正案を提案」(福田 至 新市場整備技術担当部長)
 「誰が」
 「都から事務局として提案。こういう形でどうでしょうかということを事務局が技術会議の委員の方々に提案したもの」(福田 至 新市場整備技術担当部長)
 「さっきの答弁と違うじゃないか」

 「技術会議に出た方いらっしゃいますか?」(公明党 大松 成 都議)
 「ちょっと、はっきりした記憶が残っておりません」(野口一紀 管理部長)
 「一番大事なところじゃないか」
 「今のやり取りをうかがって、正確ではないし、結果として間違えであると。その点については、おわびを申し上げたい」(岸本良一 市場長)

 地下空間を提案していたのは、技術会議ではなく東京都だったと認め、謝罪した岸本市場長。さらに・・・

 「今、ヒアリングというお話がありましたけれども、このやり取りのメモについて、この議会に示すべきです」(公明党 大松 成 都議)
 「現在こちらの方で提出することは差し控えさせていただきます」(都の担当者)
 「何のためにやってんだよ、この委員会」

 答えは金だよ金!
 それと島国根性ですな!
 健全な精神は、3.11で見られたように庶民のみでしょうよ。


 
posted by 大翔 at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報