2016年10月10日

日刊ゲンダイによれば、検察が豊洲に関心を持ってる様です

「公益通報制度を設ける」――。都庁の役人が作成した豊洲問題の“ゼロ回答報告書”にブチ切れた小池百合子都知事(64)が会見で明言したのが「内部告発制度」の新設だ。

 告発は匿名でもOKだから、この先、どんな衝撃事実が飛び出すか分からない。内部告発によって都議会自民党の“巨大利権”が次々に暴かれる可能性がある。

 とりわけ期待されているのが、豊洲市場の主要3施設の建築工事をめぐる「官製談合」疑惑だ。2013年11月の入札が不調となり、3カ月後に行われた再入札では、予定価格が当初の計628億円から1.7倍の1035億円にハネ上がった件だ。入札不調後に都がゼネコンにヒアリングし、その結果、大手ゼネコンの鹿島、大成、清水がそれぞれ中心となるJVが「99%」を超える落札率で受注している。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/191376

 責任者が出ないのだから、どんどん取り調べて、芋づる式に逮捕者が出れば良いのですよ。
 徹底的に調べて欲しいもんですね。
 ただ、全体が嘘の固まりなので、告発する人がいるかどうか。。。
 談合、嘘、ごまかし、見て見ぬ振り、職務怠慢、無責任、思い込み、痴呆症、金に群がるコバンザメ、そんな連中ですから、なかなか真実は出てこないかも知れませんね。
 役職は責任色ですから、全員洗い直した方が東京日本の為になるでしょう。





posted by 大翔 at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報