2017年02月26日

長崎ちゃんぽんが、自宅の電子レンジで!カンタン豆知識

[長崎ちゃんぽん] ブログ村キーワード
カンタン豆知識
 長崎ちゃんぽんは、もちろん長崎県長崎市が発祥のちゃんぽんです。
 明治時代中期、長崎市に現存する中華料理店「四海樓」の初代店主陳平順が、当時日本に訪れていた大勢の中国人(当時は清国人)留学生に、福建省の福建料理をベースに、安くて栄養価の高い食事を食べさせる為に考案したとされている。
 また、一方に異説もあり、明治初年には既に長崎人の本吉某が長崎市丸山で、支那饂飩をちゃんぽんの名で売り出していたとも伝えられている。
 1907年(明治40年)に出版された『長崎縣紀要』には「チヤポン」の表記で濃厚な味ながら支那留学生や書生の好物で、すでに市内十数か所で提供されていたことが紹介されている。
 豚肉、ネギなどの野菜、蒲鉾など魚肉生産品、十数種の具材をラードで炒め、豚骨と鶏がらでとったスープで味を調える。そこにちゃんぽん用の麺を入れて煮立る(他の中華麺類との大きな違い)。
 公正競争規約施行規則別表では、長崎チャンポンは「長崎県内で製造され」また「唐あく」と呼ばれる長崎独特のかん水で製麺したものと規定する。そのため長崎のちゃんぽん麺は他県で製造されたものと成分が異なり、独特の風味がある。

レンジで簡単!長崎ちゃんぽん 5食

 郷土料理にしろ、ご当地ラーメンにしろ、その土地で四季を感じながらいただくのが一番美味しいと思われますが、全国どこにいても、ご自宅の電子レンジで調理できるようになりました。
 懐かしい長崎ちゃんぽんを、ぜひどうぞ!

レンジで簡単!長崎ちゃんぽん 5食

作り方
 本場の長崎ちゃんぽんをご自宅の電子レンジで再現します。
 作り方はカンタン♪
1.どんぶりに300ccの水と冷凍のままの具材や麺を入れます。
2.ラップをして500〜600Wで約10分で出来上がりです。
 
 具材には11種類(キャベツ、もやし、にんじん、豚肉、きくらげ、むきえび、イカ、しいたけ、きぬさや、かまぼこ、てんぷら)の豊富な野菜・肉・海鮮を使用し、鮮度を保ったシャキッとした食感に仕上げています。
 ちゃんぽん麺は良質の小麦粉と唐あく(かんすい)で作っているのでコシがあり、麺そのものに旨みがあります。
 まろやかでコクのある豚骨スープは具材と麺を煮込むほどに旨みとコクが引き立ち絶妙の食感と味になります。

レンジで簡単!

長崎ちゃんぽん

5食


販売価格価格
販売状況
出荷目安

その他、10食、20食、30食セットもあります。
レンジで簡単!長崎ちゃんぽん 5食 レンジで簡単!長崎ちゃんぽん 5食をカートに入れる


posted by 大翔 at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着商品のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報