2017年03月15日

稲田は今日も「記憶に基づくと・・・」反省なし!

 昨日の14日、稲田防衛大臣が心ない謝罪をしていましたね。
 相手を虚偽だと攻撃しておいて、実は裁判に行っていた。稲田自信が虚偽だらけだった。
 今後は誠実に云々と言っておきながら、今日も誠意も誠実も無い答弁です。

 民進党・杉尾参院議員:「籠池理事長の奥様はこういうふうに言っている。稲田朋美さんが国会で籠池さんを知らんと言ったのは、ちょっと頭にきた」
 稲田防衛大臣:「奥様らしいなと思いますが…。籠池氏とはここ10年来、疎遠にしている」
 杉尾氏がさらに「2年前にも会っていたのではないか」とただしたのに対して、稲田大臣は「記憶に基づくと、会ったという認識はない」と面会については否定しました。
 そして昨日に引き続き「誠実な答弁を心掛ける」と繰り返し、改めて続投に意欲を示しました。

 どこまでもアホなんですね。無間地獄とはこういうことか。反省もしなければ学習もせず、永遠にこういう生き方しか出来ないんでしょうね。

 以前から無い物をアルアルということをスタップ現象と読んでいます。その方が伝わるからです。
 今後はロッキードで流行した「記憶にございません」よりも、稲田現象と言った方が、若い人には伝わるかもしれませんね。

テレ朝ニュース
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000096491.html
posted by 大翔 at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447934865
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報