2015年07月04日

ほんまでっか!まさか 犬だと思って育ててみたら…クマだった!(07/03 16:37)


犬だと思って可愛がっていたのは、全く別の動物でした。

 区別つかないかな〜^^
 子供の頃は間違う場合もあるとはいうものの、思い込みは怖いですね。
タグ:クマ
posted by 大翔 at 13:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大量殺人事件、伝染する可能性 米研究 今頃ですか?



 今頃?何をどう研究した結果なんでしょうね。

米オンライン科学誌プロスワン(PLOS ONE)に掲載された研究では、1998年〜2013年に米国で発生した校内発砲事件などの大量殺人事件に関するデータが詳細に調べられた。
論文によると、死者が4人以上出た事件では「平均で13日間続く伝染期間が形成される」とされ、「同様の惨事のおよそ2割〜3割は伝染によって発生すると考えられる」という。また、発砲事件が続発するリスクは一時的なもので、2週間の目安を過ぎるとそのリスクは薄れるとしている。


 これって研究というかな?
 
「無意識の表象作用に触発された発砲事件を特定することは不可能だが、今回の分析は、この種の事件の根底にあると考えられる複雑な原動力の側面を理解する助けになる」とタワーズ教授は話している。

論文の参考資料によると、米国では、銃器を用いた大量殺人事件が平均して2週間に1回の頻度で発生しており、学校内での発砲事件は約1か月に1回発生する傾向がみられるという。(c)AFP


 キリスト教やその他の一神教では解かれてませんからね〜。
 ジークムント・フロイトが発見したという無意識でも、そこまでは無理でしょう。

 米国の根っこにあるのは、やはり臆病や恐怖でしょうね。
 日本は原爆ショックで感染したのかも^^




 どこの国にも個人的には魅力ある人もいますが、国という単位に濃縮すると途端にアホですよね。 
posted by 大翔 at 13:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月30日

動画:スペースX社ロケット、打ち上げ数分で空中爆発



【6月28日 AFP】米フロリダ(Florida)のケープカナベラル(Cape Canaveral)で28日、国際宇宙ステーション(International Space Station、ISS)へ向けて打ち上げられた米宇宙開発企業スペースX(SpaceX)の「ファルコン9(Falcon 9)」ロケットが、打ち上げ後数分で空中爆発した。(c)AFP

1/100 スペースシャトルシリーズ No.2 スペースシャトル・アトランティス 60402

新品価格
¥2,572から
(2015/6/30 10:11時点)


posted by 大翔 at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

9人死亡の米教会乱射、容疑者の写真公開


もう氷山の一角ではなく、白人の人種差別ですよね。

【6月18日 AFP】米南部サウスカロライナ(South Carolina)州チャールストン(Charleston)の歴史ある黒人教会で17日に発生し9人が死亡した銃乱射事件で、同市警察は18日、実行犯とされる容疑者の写真を公開した。

写真は防犯カメラで撮影された画像で、グレーのセーターを着た若い白人の男が写っている。髪の色は暗い金色ないし茶色で、髪型は特徴的なボウル(おわん)カット。警察当局によると20代前半という。

警察当局によると、容疑者は教会で行われた聖書の勉強会で教区の人々と1時間ほど過ごした後、周囲の人々に向け銃を乱射。犠牲者の中には、教会の牧師も含まれていた。容疑者は18日現在も逃走中で、警察はヘイトクライム(憎悪犯罪)とみて捜査を進めている。(c)AFP

posted by 大翔 at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

イスラム国とかわらない白人警察が走っている黒人を逮捕殺害


 またまたまた無間地獄ですね。
 臆病が武器を持つと怖いものだ

【4月20日 AFP】米メリーランド(Maryland)州ボルティモア(Baltimore)で1週間前に警察に取り押さえられた際に頸部(けいぶ)を負傷していた黒人青年が19日に死亡したことがわかり、地元では詳細な調査を求める抗議行動が巻き起こっている。

米国では白人警官による黒人容疑者致死・殺害事件が相次いでおり、警察官の人種偏見と暴力が問題となっている。

地元警察やメディアによると、死亡したのはフレディ・グレイ(Freddie Gray)さん(25)。グレイさんは12日、何らかの理由で路上で警察官に身柄を拘束されたが、その際に脊椎を骨折した。地元紙ボルティモア・サン(Baltimore Sun)によれば、警察はグレイさんの逮捕や負傷の理由を公表していない。

ボルティモア・サンが伝えたグレイさんの家族の弁護士の話によると、グレイさんは黒人で、かつ走っていたというだけで、なんら正当な逮捕理由がないにも関わらず勾留されていた。弁護士は、首の脊椎が「80%切断された状態」にあったと述べた。

グレイさんの死をうけ、警察署前には地元住民や活動家およそ100人が詰めかけ情報の公開を求めた。ボルティモアのステファニー・ローリングスブレイク(Stephanie Rawlings-Blake)市長は記者会見で、現在、経緯を調査中だと説明した。(c)AFP

posted by 大翔 at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

日本政府がオバマ大統領による広島原爆投下謝罪演説を断っていたと米ABCが報道

 2009年といえば、9月に政権交代があった年ですね。
 自民党から民主党へね。
 日本政府、薮中の立ち位置が見えてきますね。

http://matome.naver.jp/odai/2142583046293749701

話題のツイートがこちら

直立演人@royterek
フォローする
なんと!2009年、オバマが広島を訪問し謝罪することに日本政府が難色を示したと!Japanese Government Nixed Idea of Obama Visiting, Apologizing for, Hiroshima* abcnews.go.com/blogs/politics…
返信 リツイート お気に入りに登録 2015.03.09 00:05

直立演人@royterek
フォローする
これ、2011年9月のウィキリークスで暴露された情報みたいだけど、初めて聞いた。この時期は原爆ならぬ原発でえらいことになってたから、日本で全く話題にならなかったんじゃないか。2009年9月はちょうど民主党政権が発足した時期だ。断ったのはどっちだ?
返信 リツイート お気に入りに登録 2015.03.09 00:09

直立演人@royterek
フォローする
ウィキリークスにすっぱ抜かれたのは、John Roos 米大使が薮中三十二(この記事では「外務副大臣」と書いてあるが、「外務事務次官」の間違いと思われる)との会談後にオバマ政権に伝えた報告。日本政府はオバマが広島を訪問し謝罪することについて「時期尚早」で「よい考えではない」だと!
返信 リツイート お気に入りに登録 2015.03.09 00:17

直立演人@royterek
フォローする
「(09年)バラク・オバマアメリカ大統領の初来日に際し8月、「演説で言及されていた“核なき世界”への期待を抑えなければならない、広島訪問があるか否かは注目の的となっており時期尚早で控えるべき」と駐日大使ジョン・ルースに伝えていた事が2011年9月にウィキリークスの文書暴露で判明」
返信 リツイート お気に入りに登録 2015.03.09 00:21

直立演人@royterek
フォローする
朝日新聞はこのウィキリークス暴露の記事を掲載していた模様→オバマ氏広島訪問、薮中前次官が「尚早」 09年米公電 朝日新聞2011年9月27日:yokohamajipsy.blog.fc2.com/blog-entry-758…
返信 リツイート お気に入りに登録 2015.03.09 00:24

直立演人@royterek
フォローする
「オバマ米大統領が2009年11月に初来日する2カ月前に、当時の薮中三十二外務事務次官がルース駐日米大使に対し、オバマ氏が被爆地の広島を訪問することは「時期尚早」との考えを伝えていたことが分かった。…「ウィキリークス」が入手した在日米大使館発の米外交公電に記載されていた」
返信 リツイート お気に入りに登録 2015.03.09 00:25

直立演人@royterek
フォローする
公電は09年9月3日付で、自民・公明の連立政権から民主党への政権交代が決まった8月30日の総選挙から9月16日の鳩山内閣発足に至る時期にあたる。
返信 リツイート お気に入りに登録 2015.03.09 00:26

直立演人@royterek
フォローする
「公電によると、薮中氏は同年8月28日にルース氏と会談。オバマ氏が同年4月に「核なき世界」を目指すと演説したことで、同氏が広島を訪問するかどうかが注目されているとし、「両政府はそうした国民の期待を抑えなければいけない」と述べたという。」
返信 リツイート お気に入りに登録 2015.03.09 00:26

直立演人@royterek
フォローする
「公電は、薮中氏がその理由として「オバマ大統領が原爆投下を謝罪するため広島を訪問するという見込みがない」ことをあげたとしている。」
返信 リツイート お気に入りに登録 2015.03.09 00:26

直立演人@royterek
フォローする
「薮中氏が、大騒ぎをしない簡素な訪問なら米政府の適切なメッセージを伝えるのに象徴的な意義はあるとする一方、「11月に広島を訪れるのは時期尚早だ」としたのはこのためだ。実際にオバマ氏が来日した際には広島・長崎の訪問は見送られた。薮中氏は…朝日新聞の取材に「コメントはしない」と回答」
返信 リツイート お気に入りに登録 2015.03.09 00:27

直立演人@royterek
フォローする
この件、海外ではかなり報じられていたようです。最初に報じたのはジャパン・タイムズだった模様。日本国内では、朝日は記事化したようですが、他の新聞や雑誌で問題にし多痕跡はあまりなさそう…。原発で大変だったとはいえ、こんな超重大スクープが総スルーされてきたとは、にわかに信じがたい…。
返信 リツイート お気に入りに登録 2015.03.09 00:35

直立演人@royterek
フォローする
外務省事務次官のオバマ広島訪問に関する発言(ウィキリークス公開電報)ne.jp/asahi/nd4m-asi… 元外交官による分析。この人の分析によると、オバマの広島訪問はあり得ても「謝罪」はあり得ないという話だが、問題の会談の前後関係の政治的文脈を知るうえで貴重な文章である。


 日米傷の舐め合い同盟するより、やらなきゃダメでしょう。
 空襲だって無差別殺人なのだし、国際法違反して、核兵器まで使って、謝罪しない国なのだから、必ずやらせなきゃダメですよ。
 そろそろ日本人も原爆ショックから目を覚まさなきゃダメなんじゃないの?
 歴史認識ちゃんとしろという話ですよね。
posted by 大翔 at 14:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

ミシェル・オバマ米大統領夫人、ファーストレディーとして初来日


【3月18日 AFP】(一部更新)ミシェル・オバマ(Michelle Obama)米大統領夫人が18日午後、日本に到着した。女子教育の重要性を訴える旅の一環で、ファーストレディーとして日本を初めて訪れる。

ミシェル夫人は明るい黄色のドレスを着て米政府専用機で到着した。バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領への同行ではない単独での訪問で、カンボジア訪問も含め5日間の日程。

ミシェル夫人は19日に安倍晋三(Shinzo Abe)首相、昭恵(Akie Abe)夫人とそれぞれ会談し、さらに自らが主導する発展途上国の女子教育支援キャンペーン「レット・ガールズ・ラーン(Let Girls Learn)」のためのイベントに出席する予定。20日には京都を訪れて清水寺などを見学し、午後には大阪からカンボジアに向けて出発する。

オバマ大統領は昨年4月に日本を訪れたが、ミシェル夫人は娘たちの学校を理由に同行しなかった。(c)AFP
posted by 大翔 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

これで解雇だって? 言論の自由じゃなかったの?アメリカ


 猿以下の国で起こる言論の自由。
 猿以下の国で生きるには、ボスに逆らわないのがおきてなのだ。
 「ミシェル・オバマは、猿の惑星に出てきそうだ」と言ったら解雇ですって?
 おフランスの風刺画とはレベルが違うだろ。
 過去には猿裁判(進化論裁判)やってた国だから、猿はお嫌いなのだろう。
 日本人はイエローモンキーだったしね。
 人間より妖怪人間の方が人間らしかったように、猿の惑星では猿の方が人間らしかったりするよね。
 初作のラストシーンは衝撃的でした。



猿の惑星:新世紀(ライジング) 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]

新品価格
¥3,145から
(2015/3/14 07:19時点)




【3月13日 AFP】米最大のスペイン語テレビ局ウニビシオン(Univision)は12日、ミシェル・オバマ(Michelle Obama)大統領夫人を映画『猿の惑星(Planet of the Apes)』に出てきそうだと発言した人気司会者を解雇したと発表した。

解雇されたのはベネズエラ人司会者のロドネル・フィゲロア(Rodner Figueroa)氏で、問題の発言は11日夜に放送された娯楽番組「デブ男とやせ女(El Gordo y La Flaca)」の中で、メーキャップアーティストの男性とのトーク中に飛び出した。

このメーキャップアーティストは、自分にメークを施してさまざまな女性著名人そっくりに変身したことがあり、ミシェル夫人にも扮(ふん)した。スタジオの画面でその写真が紹介されると、フィゲロア氏はこう述べた。「ミシェル・オバマは、猿の惑星に出てきそうだ」

ウニビシオンは「100%非難に値する」発言だとして、直ちにフィゲロア氏を解雇した。フィゲロア氏は「ファッショニスタ」の愛称で知られ、ウニビシオンでもファッション通として米国や中南米の著名人の批評やインタビューを数多く行っていた。(c)AFP


いつも騒いでいる人権屋さんはどうした?
動物愛護団体はどうした?
OKなんだ。
アメリカだよね。
posted by 大翔 at 07:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

赤字大国米国の新ビジネス




【2月18日 AFP】米政府は17日、世界的なテロとの戦いの一環として、友好国の一部に対する武装無人機の輸出を初めて認める方針を発表した。

米国にとって無人機は、アフガニスタンやパキスタン、ソマリア、イラク、イエメンの過激派との戦いに重要な役割を担っている。一方で、無人機攻撃によって市民が死傷する事例が頻発しているとして使用に反対する声も上がっており、依然として大きな議論を呼んでいる。

輸出容認の方針を発表した米国務省の声明では、輸出先については明言されていない。しかし、購入を希望する国は複数あるとされており、米紙ワシントン・ポスト(Washington Post)はイタリア、トルコ、そしてペルシャ湾沿岸諸国の名前を挙げている。同紙はまた、米国がこれまでに武装無人機を売却したのは英国のみだと報じている。(c)AFP

posted by 大翔 at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

頭が悪い白人が国民である黒人を殺すわけ イスラム国より残忍



【2月12日 AFP】米国の人種差別に基づく暴力の歴史に関する新たな調査で、米南部では1877年から1950年までの間に4000人近い黒人が私刑(リンチ)によって殺されていたことが明らかになった。73年間にわたり1週間に平均1人以上が殺されていた計算になる。

今頃ですか?
今でも続いているでしょう


調査を行ったアラバマ(Alabama)州の人権団体「公正な裁きのイニシアチブ(Equal Justice Initiative)」は、現代の人種差別や刑事司法における問題は、米国の暴力の過去に根差すものだと指摘している。

同団体の創設者ブライアン・スティーブンソン(Bryan Stevenson)氏はAFPに対し「ドイツならばホロコースト(ナチス・ドイツによるユダヤ人大量虐殺)の遺産に向き合うことを強いられるが、米国では逆だ。われわれは自分たちで真実と和解に取り組もうとせず、この遺産が引き起こしている結果に真剣に対処しようとしたことがない」と語った。

同団体が数年かけて行った調査の結果、1877〜1950年に南部12州で私刑によって殺害された人数が、従来の調査結果よりも700人多い3959人であることが分かった。うち大半は1880〜1940年の間に発生していた。

「ピクニックしながらリンチを観賞」

またスティーブンソン氏によれば、私刑のうち20%は、驚くことに、選挙で選ばれた役人を含む数百人、または数千人の白人が見守る「公開行事」だった。「観衆」はピクニックをし、レモネードやウイスキーを飲みながら、犠牲者が拷問され、体の一部を切断されるのを眺め、遺体の各部が「手土産」として配られることもあったという。

例えば1904年にはミシシッピ(Mississippi)州ダッズビル(Doddsville)で、黒人男性ルーサー・ホルバート(Luther Holbert)が、白人の地主を殺害したとして、妻とされる黒人女性と一緒に数百人の前でリンチされた。2人は木に縛り付けられて指を切断され、暴漢たちはその指を配った。ホルバートは耳も切り落とされ、頭蓋骨が砕けるまで殴打された。さらに暴漢たちは大きなコルク栓抜きで2人の体に穴を開け、肉の塊を取り出したという。

「公正な裁きのイニシアチブ」によれば、犠牲者のうち数百人が、投票をしようとしたり、黒人の地位向上を訴えたりしたこと、さらには歩道で脇に寄らなかった、白人の女性にぶつかった、といったもっと些細な規則違反を理由に殺された。一方で同時代、黒人をリンチで殺害したかどで有罪となった白人は一人もいない。

「多くの人はこの時代について知識がない。100年足らず前の米国社会で人々がこうした蛮行に走っていたことを想像するのは、非常におぞましいことだ」とスティーブンソン氏は述べている。

一方、南部で常態化していた脅威から逃げるために、1910〜1970年の間に600万人近いアフリカ系米国人が米北部や西部の都会のゲットーに流入した。

■現在も黒人に偏る死刑判決

米国では現在も、逮捕、有罪、投獄、死刑の対象となるのは黒人に偏っている。米人口に黒人が占める割合は13%でしかないにもかかわらず、1976年以降、米国で刑が執行された死刑囚の34%が黒人で、現在収監されている死刑囚も42%近くが黒人だ。

スティーブンソン氏は過去のリンチと、現在の米国の刑事司法制度の問題、そして警官の手で殺されている人の中で圧倒的に黒人が多いこととの関連性を指摘。「リンチが死刑になり、投獄になっている。悪者扱い、犯罪者扱いが有色人種に偏っているのだ」と語る。

最近の米国で、武器を持たない黒人男性が、警官に殺害される事件が相次ぎ、そうした状況への抗議デモで「黒人の命は軽くない(Black Lives Matter)」というスローガンが叫ばれているが、問題の根は同じ歴史にあるとスティーブンソン氏は言う。

米国人による米国人に対するテロリズムが広く実行されていた時代があったことを、多くの米国人は分かっていないと思う」(c)AFP


理由は簡単ですよ。頭が悪い白人にわからないのだ。

 ヘイトスピーチの問題が騒がれる昨今ですが、アメリカの学会誌に出た論文(1)が「人種差別の原因は頭が悪いからだよ!」と言い切っていておもしろいです。
 これは、過去に行われた差別と知性に関する論文をメタ解析にかけたもの。 実は、心理学の世界じゃ「差別って頭が悪いせいで起きるんじゃない?」って話は前から言われていたんですが、その説の正しさを、あらためて調べ直したわけですね。
 で、ざっくり結論から言っちゃうと、やっぱり「差別主義者は頭が悪い(確率が非常に高い)」らしい。多くのデータが、偏見や人種差別と知性の低さの関連を示しているというんですな。
 たとえば、ある研究では10才の子どもの知性(認知機能とか情報処理スピードとか)を計ったうえで、20年後に再テストを行ったんですが、子どものころに知性が低かった被験者ほど、大きくなってから人種差別や性差別に走る確率が高かったとか。もちろん、貧しくて満足な教育を受けられないせいで差別が生まれるって可能性もあるんで、この結論にはまだ議論の余地があるわけですけども、多くの研究が知性の低さと差別の関連を示しているのはおもしろいところ。
 研究者によれば、こういう現象が起きる理由は、知性が低いと物事を単純にしかとらえられなくなっちゃうから。たとえば、
 どんな人種にも善人がいれば悪人もいる
 でも、頭が悪いと、その複雑さに耐えられない
 だったら、特定の人種をひとまとめにして考えたほうがラク
 差別主義の誕生!

 みたいな感じ。 世の中の複雑さを最小限に減らそうとするせいで、あまり深く考えないですむ差別主義に走ってしまうわけですね。
 ちなみに、この研究者たちは右翼的な思考も知性の低さと結びついていると考えていて、これまたおもしろい。要は、右翼は定まった社会ルールや伝統をベースに考えるので、それだけ脳のエネルギーを消費せずにすむことになり、知性が低い人たちをひきつけるんだ、と。
http://yuchrszk.blogspot.jp/2014/08/blog-post_30.html

これは何度見ても面白い^^


閲覧注意


 残酷なのは誰?
 自分が自身を見れないで、憎い相手のことしか考えないアホ達です。
 肉眼的現実思考ですよね。
posted by 大翔 at 02:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
指カレンダー by hamzeren (01/09)
指カレンダー by hestyfil (01/07)
指カレンダー by forbijonyn (01/07)
指カレンダー by sparrwindi (01/06)
指カレンダー by lighlava (01/06)