2008年10月03日

09年春夏パリ・コレクション パリを代表するイヴ・サンローラン、新作発表




カンタン豆知識

 イヴ・サンローランといえばフランスが生んだ世界的なブランドです。

 イヴはオラン(アルジェリア)で1936年8月1日11時15分に生まれた。
 その後イヴは子供のころに一家でパリに引越しをしました。
 そして1953年の17歳の時にパリのChambre Syndicale de la Haute Couture ファッションデザイン学校に入学するのです。

 入学早々イヴは天才振りを発揮します。IWS主催のデザインコンクールでカクテルドレスを発表し最優秀賞を受賞しました。
 同期にはシャネルのデザイナーであったカール・ラガーフェルドも作品発表をしていました。

 この時の審査員であったVOGUEのディレクターミッシェル・デブリュノフは、この無名の若い少年のポートフォリオを初めて見た時、新作として発表している友人のクリスチャン・ディオールと同じA-ラインの線を描くイヴに驚き、すぐにディオールに紹介した。
 そして、独創的かつ想像力に富んだ彼のデザインはディオールに非常に強い感銘を与えました。

 1957年10月、ディオールは自身のスタッフに「ここにある30のデザインはイヴの仕事に基づく私の最新のデザインであります。彼は特別な才能です。私は彼に認められたい」と言い、次のコレクションでイヴを連れ出すと言い出すほどイヴの実力をかっていました。
 彼のスタッフはイヴがまだ若かったので、もう「少し待たなければならない」と言ったのですが、同年のディオールの急死によって、ディオールの言葉が現実のものとなりました。
 イヴは21歳でディオールブランドを財政的な破滅から救うために主任デザイナーとなり、大きな力で仕事を始めます。

 1960年、アルジェリア独立戦争の時。フランス軍に徴兵されたイヴは、たった20日後に戦友の影響でストレスを受け、フランスの精神病院の施設に収容されてしまいます。そして、神経衰弱のためにイヴは電気ショック療法を含む精神医学的な治療を受けます。

 1962年に彼の神経衰弱に続いてイブはディオールから解放されてしまいますが、芸術後援者であるピエール・ベルジェ(Pierre Berg?)の出資により彼自身のレーベル、イブ・サンローラン(YSL)を設立し、活動を開始することとなりました。

 これがイヴ・サンローランの誕生です。
 
 参考資料Wikipedia


posted by 大翔 at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。