2016年10月26日

石巻の大川小学校と同じ体質の学校が国中にあるんでしょうね。

大川小学校の津波訴訟 石巻市などに14億円余の賠償命令
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161026/k10010744931000.html

 教師がバカじゃなきゃ、全員助かった事例ですよね。
 
 裁判では海岸からおよそ4キロ離れた小学校まで津波が来ることを学校側が予測できたかどうかなどが大きな争点となりました。

 無責任だから予測できなかっただけで、バカだから子供たちを殺したんですよ。
 大川小学校にだけ津波が襲ったんじゃないからね。
 
 判決では「津波が襲ってくる7分前の遅くとも午後3時半ごろまでには、石巻市の広報車が津波が松林を越えてきていることを告げながら避難を呼びかけたのを、教員らが聞いていたと認められ、この時点で小学校に津波が到達する危険を予測できた」と指摘しました。そのうえで、「教員らが校庭からの移動先として目指した川沿いの交差点の標高は7メートル余りしかなく、避難場所としては不適当だった。一方で、近くの裏山には小走りで1分程度で移動できたうえ、過去に学習の場などで児童も登っていた場所で、避難するのに具体的支障はなく、避難についての過失があった」と指摘しました。

また、裁判所は「教員らはみずからの判断で自主的に避難することができない児童らを可能なかぎり避難させるべき義務を負い、多少の混乱をいとわずに児童らをせかし、小走りで移動させてでも早期の避難を最優先すべきだった」という判断を示しました。

 第一に、校庭で待機中、子供達から「先生、早く裏山に避難しましょう」と言われているではないか!それをこの5年、隠蔽していたのですよ。極刑でも良さそうなものだけどね。

 74人の児童が津波の犠牲になったのは、教師がバカだからです。

 町内放送で危険を知った母親が、学校へ子供を迎えに行って、早く逃げなさいと叫んだ話も出てきましたよね。

 津波を予測できなかったのは、学校がバカだったからで、隠蔽する悪質な体質と、無責任が原因でしょうね。
 
 こういう学校が全国には沢山あるんでしょうね。

 まさか自分達に限って、何もないと思い込んでいる学校、教師、大人。
タグ:大川小学校
posted by 大翔 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

北海道5人死傷、危険運転を否認?

 北海道砂川市で昨年6月、家族4人が死亡、1人が一時重体となった事故で、自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致死傷)の罪などに問われた建設業谷越隆司(28)と元解体工古味(こみ)竜一(27)の両被告=ともに北海道上砂川町=の裁判員裁判が17日、札幌地裁(田尻克已裁判長)で始まった。危険運転で5人を死傷させたとする起訴内容について、谷越被告は「共謀していないし、信号をことさらには無視していない」と否認。古味被告も「そういうことは全くない」と否認した。両被告の弁護人は「危険運転や共謀は成立しない」などと主張した。

 いくら弁護士が金でものをいうといっても、ひどいですね〜。
 凶暴でも競争でも、両人が極刑にならないと、殺された人の魂が浮かばれないというものでしょうよ。
 もう死んじゃったんだから気にしなくても良いってか。

 起訴状によると、両被告は共謀して昨年6月6日午後10時35分ごろ、砂川市の国道12号で車2台で速度を競い合い、赤信号を無視して時速100キロ超で交差点に進入した。谷越被告の車が、左から交差点に入ってきた北海道歌志内市の新聞販売所従業員永桶(ながおけ)弘一さん(当時44)の軽ワゴン車に衝突。車外に投げ出された永桶さんの長男の昇太さん(同16)を古味被告が車で約1・5キロ引きずり、永桶さんと妻の文恵さん(当時44)、長女の恵さん(同17)、昇太さんを死なせたほか、次女の光さん(13)に大けがを負わせたなどとされる。

 冒頭陳述で検察側は、両被告がスピードを競い合って車を走らせていたと指摘。「信号はお構いなしに高速で運転を続けて事故を起こした」と主張した。

 ただの殺人鬼ですよ。
posted by 大翔 at 14:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

強姦は慶應大学の伝統か

 毎年11月に慶應大学三田キャンパスで行われる三田祭にあわせて実施されてきたミス慶應コンテスト。ミスコンの企画・運営を行う慶應広告学研究会が不祥事を起こしたとして、大学は今年2016年のミスコンを中止する処分を下した。大学の「告知文」では、複数の未成年に飲酒を強要したことが理由にされている。だが、本当の理由はより過激なもののようだ。

 被害にあったのは広告学研究会(以下、広研)に所属していた1年生の女子生徒(18)。

 事件は2016年9月2日、神奈川県葉山町内にある広研の合宿所で起きた。当日、広研が夏季運営している海の家の撤収作業のため、6人の男子学生が合宿所に泊まっていた。作業終了後、打ち上げを名目に女子生徒を呼び出し、テキーラを5杯飲ませ、飲酒を強要し泥酔させた。そして深夜、男子学生たちは酒で意識のなくなった女子生徒を強姦。

 これは慶應大学の伝統でしょう。今回初めてとは思いにくいですよね。早稲田大学の真似でしょうか?

 慶應大学は警察に行ってくれの一点張りだったというのも情けないですね。この慶應大学の体質も大きな問題であり、女学生一人がどうなろうが、収入にはさほど影響ないと考えているのだろう。
 10年間生徒募集禁止にしてはどうか?
 
 ともあれ女子大生が勇気を出して訴えたので、慶應大学に警察が入ることになった。ガンガン調べて犯罪者を慶應大学から引きずり出して欲しいものだ。慶應大学は犯人を隠してますからね。

犯人はこの中か?
http://media.sairilab.com/?p=3131
 
タグ:慶應大学
posted by 大翔 at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

靖国は内閣が行っている憲法違反をなぜ指摘しないのでしょう

日本国憲法
第二十条  信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
○2  何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
○3  国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

 安倍総理大臣は、17日から始まった靖国神社の秋の例大祭にあわせて、「真榊」と呼ばれる鉢植えの供え物を奉納しました。
 東京・九段の靖国神社では、17日から4日間の日程で秋の例大祭が始まりました。
安倍総理大臣はこれにあわせて、「内閣総理大臣安倍晋三」名で、「真榊」と呼ばれる鉢植えの供え物を奉納しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161017/k10010732321000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_001

 毎回憲法違反だと思っています。
 英霊云々はというが、英霊や親族には、信教の自由はないということか。
 豊洲に移して無宗教施設にしたほうがいいですよね。

タグ:靖国神社
posted by 大翔 at 09:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

小池都知事、ついに人事にメス。市場長を事実上更迭

 東京都の豊洲市場(江東区)の主な建物下に土壌汚染対策の盛り土がなかった問題で、小池百合子都知事は、担当部局長の岸本良一・中央卸売市場長(56)を事実上更迭する人事異動の方針を固めた。13日の都議会定例会の閉会にあわせて、近く公表する。
http://www.asahi.com/articles/ASJBF36PDJBFUTIL00G.html

 これが単なる生贄で終わると困るけど、どんどん芋づる式に引っ張り上げて欲しいですね。
 逮捕者も出ると思われます。
posted by 大翔 at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

いつまでどこまで嘘をつくのでしょうか東京都!スタップ現象か?


TBSニュース 調査報告書の
[ 動画 ] http://news.tbs.co.jp/digest/23.html

 ま〜〜〜、小さな嘘が雪だるまの様に大きくなってますね。
 訂正、初めから大きな嘘だったのかも知れない。
 寄って集って五輪予算、血税か?
 
 やはり、警察が取り調べるべきですよ。

 嘘報告した人を徹底的に調べて、名前と顔を晒さないとダメですよ。
 利権のスタッブ細胞と同じでしょう。

 
posted by 大翔 at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日刊ゲンダイによれば、検察が豊洲に関心を持ってる様です

「公益通報制度を設ける」――。都庁の役人が作成した豊洲問題の“ゼロ回答報告書”にブチ切れた小池百合子都知事(64)が会見で明言したのが「内部告発制度」の新設だ。

 告発は匿名でもOKだから、この先、どんな衝撃事実が飛び出すか分からない。内部告発によって都議会自民党の“巨大利権”が次々に暴かれる可能性がある。

 とりわけ期待されているのが、豊洲市場の主要3施設の建築工事をめぐる「官製談合」疑惑だ。2013年11月の入札が不調となり、3カ月後に行われた再入札では、予定価格が当初の計628億円から1.7倍の1035億円にハネ上がった件だ。入札不調後に都がゼネコンにヒアリングし、その結果、大手ゼネコンの鹿島、大成、清水がそれぞれ中心となるJVが「99%」を超える落札率で受注している。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/191376

 責任者が出ないのだから、どんどん取り調べて、芋づる式に逮捕者が出れば良いのですよ。
 徹底的に調べて欲しいもんですね。
 ただ、全体が嘘の固まりなので、告発する人がいるかどうか。。。
 談合、嘘、ごまかし、見て見ぬ振り、職務怠慢、無責任、思い込み、痴呆症、金に群がるコバンザメ、そんな連中ですから、なかなか真実は出てこないかも知れませんね。
 役職は責任色ですから、全員洗い直した方が東京日本の為になるでしょう。





posted by 大翔 at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

動画で見るニュース 東京都の嘘

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20161007/Tbs_news_71503.html

豊洲新市場で「盛り土」がされず地下空間ができていた問題です。東京都は調査報告書の中で、この地下空間について、「技術会議が提案した」としていたことを誤りだったと認めました。実際に提案していたのは、技術会議ではなく、東京都でした。
 「技術会議の独自の提案という形で」(澤 章 次長、東京都庁・先月30日)

 これまで都は、地下空間の必要性について技術会議が「独自」に提案したものだと説明。先月公開した報告書でもそう明記していました。しかし・・・

 「(技術会議が)提言した内容?」(公明党 大松 成 都議)
 「第9回技術会議におきまして、最終報告書の校正案を提案」(福田 至 新市場整備技術担当部長)
 「誰が」
 「都から事務局として提案。こういう形でどうでしょうかということを事務局が技術会議の委員の方々に提案したもの」(福田 至 新市場整備技術担当部長)
 「さっきの答弁と違うじゃないか」

 「技術会議に出た方いらっしゃいますか?」(公明党 大松 成 都議)
 「ちょっと、はっきりした記憶が残っておりません」(野口一紀 管理部長)
 「一番大事なところじゃないか」
 「今のやり取りをうかがって、正確ではないし、結果として間違えであると。その点については、おわびを申し上げたい」(岸本良一 市場長)

 地下空間を提案していたのは、技術会議ではなく東京都だったと認め、謝罪した岸本市場長。さらに・・・

 「今、ヒアリングというお話がありましたけれども、このやり取りのメモについて、この議会に示すべきです」(公明党 大松 成 都議)
 「現在こちらの方で提出することは差し控えさせていただきます」(都の担当者)
 「何のためにやってんだよ、この委員会」

 答えは金だよ金!
 それと島国根性ですな!
 健全な精神は、3.11で見られたように庶民のみでしょうよ。


 
posted by 大翔 at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及

 小池都知事氏は5日、公明党都議の質問に答え、豊洲市場で土壌汚染対策の盛り土がなかった問題で、厳しい措置をとる考えを明かした。処分に言及したのは初めてだが、これが本当ですよね。
 問題の関係職員について、懲戒処分などの対応に踏み切る考えを初めて示した。
 
「(担当部局トップの)歴代の市場長については、退職者も含めて責任の所在を明確にする。その他の幹部職員についても、個人の特定などの行政監察手続きを進め、懲戒処分などの対応をとる」。

 都が提出したレポートで、自浄能力が無い事がはっきりしたわけですから、もう警察に任せた方がいいんじゃないの? 警察の方が取り調べうまいでしょう。東京で吐かなかったら大阪のお巡りさんがいいんじゃない?

 誰が決めたかわからない事が実行されてるんですから、詐欺、横領、隠蔽、逃亡ぐらいの罪はありそうですけどね。
 
 それと、小池都知事に対して手のひらを返した様な東京都議議員達の対応ぶりには、ヘドが出る。
 自分たちがやってきた結果が問題になってると、反省することはないのだろう。


3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)




小説 君の名は。 (角川文庫)


タグ:豊洲問題
posted by 大翔 at 23:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国内問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルールを守れない未成年飲酒のつけ ゲスの極みとミス慶応?

2016年10月3日

 ベッキーでおなじみのゲスの極み乙女のボーカル・川谷絵音の所属事務所が3日、12月3日で活動を自粛することを発表。

 理由は、川谷が未成年タレント・ほのかりんに飲酒させていたとのこと。二人は交際発覚したばかりで、なんとほかりんは4日に20歳の誕生日を迎えた。

 普通に考えると、川田がほかりんに飽きちゃったのかと思われるタイミングですね。彼に罪悪感あるかな〜?

 どうも、年始のベッキー騒動以来、バンドメンバーはボーカルの川谷の続くスキャンダルに不満を持っていて、すでにグループとしては空中分解。活動の自粛が解けた後でも、バンドとして活動していくのは、無理だという。

 「メンバーとしては、純粋に音楽活動に専念したいのにそれが無理になった。不満の声が挙がるのも当然のことだろう。自粛明けは、川谷絵音のソロとして活動していくことになりそうだ」(音楽業界関係者)

 事実上解散宣言ですね。


ミス慶応、運営の未成年飲酒で中止 大学から解散命令が下される

2016年10月5日
 ゲスの極みを受けてなのか、慶応大学「ミス慶応コンテスト2016」の企画・運営を行う慶應義塾広告学研究会は10月4日、活動中止をミスコン公式サイトで発表した。同団体の不祥事に大学からの処分があったため。
 大学側の発表によると、9月2日に活動の一環で滞在していた宿泊先での懇親会で複数の未成年が飲酒に及んだという。サイトには告示として「互いを指名して飲酒するようはやし立てる、あるいはゲームの勝敗により酒をあおる等の危険な行為があったと確認されています」と記述されている。

 古典的な飲み会ですね。
 ルールを守れないまま社会に出るんだろうな〜。

 2009年にも同団体は問題を起こしており、東急東横線日吉駅を男子学生が全裸で疾走したことで処分されていた。
 ミス慶応コンテストは女子アナの登竜門として知られ、中野美奈子、竹内由恵、青木裕子などを輩出している。
 これで流れが変わって、テレビが面白くなれば、それでいいですよね。
 
posted by 大翔 at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報