2015年01月24日

これはいいことです。中国がトイレ革命



 これはいいことですね〜。
 やはり、元から変わらないとね^^


【1月23日 Relaxnews】中国政府がこのほど、観光産業を盛り上げるべく国内全域の公衆トイレで、しゃがんで用を足す旧式の便器を最新式のトイレに新調する「トイレ革命」に着手した。

中国国家観光局によると、今後3年間で全国の観光地に計3万3500個のトイレが新設される。国家観光局では、中国を訪れる観光客は2017年までに最新式の「三つ星」トイレで用を足すことができると胸を張る。さらに中国国営新華社(Xinhua)通信のウェブサイト「新華網(Xinhuanet)」は、現在使用されている化粧室のうち計2万5000室がリフォームされると伝えている。

現在、中国各地で使用されている公衆トイレの多くは伝統的なしゃがみこむタイプだ。中には、ただ地面に穴が開いているだけというものもある。備え付けのトイレットペーパーもなく持参するのが常識だ。

世界のトイレ事情と公衆衛生の向上に取り組む「世界トイレサミット(World Toilet Summit)」によれば、清潔なトイレは観光振興の重要要素の1つだという。(c)Relaxnews/AFPBB News






タグ:中国
posted by 大翔 at 11:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

ゲレンデにビキニのサンタ 中国


 サンタといえば世界中に様々なサンタさんが登場しますが、これは寒いでしょうね。

【12月24日 AFP】中国中部河南(Henan)省許晶(Xuchang)のスキーリゾートで23日、サンタをモチーフにしたビキニ姿の女性たち10人が氷点下のゲレンデに笑顔で登場した。(c)AFP
タグ:サンタ
posted by 大翔 at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国 クリスマスボイコット?


 ぜ〜んぜん問題なし。
 信仰は自由なのですから。
 例えば日本では、クリスマスといえば飲める教が蔓延っています。しかも12月24日だけです^^
 最近勢いがなくなっているとはいうものの、強制もしてくるから嫌なひとは嫌ですよね。
 中国の学生が言うまでもなく、仏教国ではやりません。イエスがいつ生まれたって関係ないもんね。
 ただ、クリスマスを祝うかどうかは個人に任せればいいのですよ。
 中国だから米国だから日本だからというのはおかしいですよね。
 信仰は個人の自由でいいのではないでしょうか?


 【北京=矢板明夫】中国各地で24日から25日にかけて、クリスマス行事をボイコットする動きが広がっている。湖南省などでは大学生らが「中国人は外国の祭日を祝う必要はない」といった言葉を掲げ、デモを実施した。愛国主義教育を推進する習近平政権の施策により、若者の間で民族主義が高揚していることが背景にあるとみられる。

 中国メディアによると、湖南省長沙市で24日、大学生ら数十人が伝統的な漢服姿で商店街を行進し、クリスマスセールを行う店に抗議するなどした。湖北省などでも同様のデモがあったという。

 中国で警察が大学生のデモ申請を許可することは珍しい。このため、デモは当局の指示によるものだった可能性も否定できない。

 陝西省の新聞「華商報」によれば、西安市の西北大学は今年からクリスマスを祝うことを禁じた。24日夜には中国の伝統文化に関するビデオ鑑賞会を催し、全学生に出席を義務付けた。構内には「西洋の文化拡張と闘う」などという横断幕が掲げられた。また浙江省温州市でも、教育担当部局が市内の学校に対し、クリスマス関連の活動を禁止する内容の通達を出した。




タグ:クリスマス
posted by 大翔 at 10:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

象牙には金出すんだから、赤サンゴにも金出せ



 排他的経済水域入場料 1日     300万円
 赤色サンゴ代     1kg    4500万円
 自然破壊修復料    1時間   15000万円
 その他雑費      1日     100万円

 象牙に金払うなら、赤サンゴにも払え!


【11月7日 AFP】中国の外交や軍関係者らが東アフリカを公式訪問中、違法な象牙を買いあさったために象牙価格が高騰しているとする報告書を、非政府組織(NGO)「環境捜査局(Environmental Investigation Agency、EIA)」が6日、公表した。

英国を拠点とするEIAの報告書はタンザニアのダルエスサラーム(Dar es Salaam)の象牙商人の話として、2013年に習近平(Xi Jinping)国家主席がタンザニアを訪問した際、同行した閣僚や財界代表団らが象牙を大量に購入したため、象牙の価格が現地で1キロ700ドル(約8万円)へと倍に跳ね上がったと伝えた。

この象牙商人の話によれば、外交上の訪問者には保安検査が行われないことを利用して、中国の外交関係者らは購入した象牙を習主席の専用機に持ち込んだとみられる。

同様の象牙取引は胡錦濤(Hu Jintao)前国家主席のアフリカ訪問時にも行われており、少なくとも2006年以降は中国大使館職員が象牙の主要購入者になっているという。

昨年には、中国海軍の艦船がソマリア沖アデン湾(Gulf of Aden)での対海賊巡視航海を終えてタンザニアに寄港したことを機に、ダルエスサラームを拠点とする象牙取引が活発化した。同海軍の船が寄港していた際には、木製彫刻品の下に隠した象牙81本を、大型トラックでダルエスサラームの港に持ち込もうとした中国人の男が逮捕されている。この男は中国海軍将校らに象牙を届ける計画だったと供述しているという。男は3月、ダルエスサラームの裁判所で禁錮20年の判決を言い渡された。

天然ガスが豊富なタンザニアは、東アフリカにおける中国の主要関係国の一つ。ジャカヤ・ムリショ・キクウェテ(Jakaya Mrisho Kikwete)大統領が就任した2005年、タンザニアには約14万2000頭のゾウが生息していたが、密猟が続けば2015年までに5万5000頭にまで激減するとEIAは警告している。(c)AFP/Tom HANCOCK




posted by 大翔 at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

中国 16万人の幽霊、、、


 ほへ〜〜〜♪
 16万人がタダ飯に群がっていた〜〜〜^^
 日本も同じかな?


 【10月6日 AFP】6日の中国共産党機関紙・人民日報(People's Daily)によると、中国政府は昨年全国で行った摘発の結果、仕事をしていないのに政府から給与を受け取っていた「幽霊」公務員16万2629人を給与支払い名簿から削除した。

同紙によれば、「幽霊公務員」が最多だった北部の河北(Hebei)省では、5万6000人近くが摘発された。一方、チベット(Tibet)自治区と商業的中心地である上海(Shanghai)ではこうした例は見つからなかった。当局は該当者は罰せられるとしているが、詳細は明らかにしていない。
posted by 大翔 at 07:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

中国も日本もまだまだだね


 阿呆な民主党が一番悪いよ。
 だがそのお陰で、日本にも中国にもまだ知恵者が居ない事が分かった。
  


【9月10日 AFP】中国は将来、日本と軍事紛争になる可能性があると考えている中国人が半数以上に達したとの世論調査の結果が10日、発表された。

日中両国で行われた世論調査によれば、中国人の53.4%が将来の軍事紛争の可能性を予想していた。また、その5分の1以上は、紛争は「数年以内」に起きる可能性があると考えていた。一方、軍事紛争の可能性を予想する日本人は29.0%だった。

日本による東シナ海(East China Sea)の尖閣諸島(Senkaku Islands、中国名:釣魚島、Diaoyu Islands)の国有化から、11日で2年となる。10日朝には中国海警局の船4隻が尖閣諸島の沖合で日本の領海に侵入した。

■日本人の中国への印象が悪化、中国側は改善

世論調査は日本の非営利団体「言論NPO(Genron NPO)」と中国の国営英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)が7月と8月に実施。調査対象は18歳以上の日本人1000人と中国人1539人で、中国では北京(Beijing)、上海(Shanghai)、成都(Chengdu)、瀋陽(Shenyang)、西安(Xian)の5都市で行われた。

日本人の中国に対する印象は「良くない」「どちらかといえば良くない」と回答した人が93.0%に上った。昨年の90.1%よりも悪化し、調査が開始された2005年以降で最悪の結果となった。一方、日本に良くない印象を持つ中国人は86.8%で、昨年の92.8%より改善した。

日本人が中国に良くない印象を持つ理由で最も多かったのは「国際的なルールと異なる行動をするから」で55.1%に上った。「資源やエネルギー、食料の確保などの行動が自己中心的に見えるから」が52.8%で続き、「歴史問題などで日本を批判するから」が52.2%、「尖閣諸島をめぐり対立が続いているから」が50.4%だった。

一方、中国人が日本に良くない印象を持つ理由で最も多かったのは「日本が釣魚島及び周辺諸島の領土紛争を引き起こし、強硬な態度をとっているから」で64.0%だった。次いで「中国を侵略した歴史についてきちんと謝罪し反省していないから」が59.6%だった。

■結果に中国国営紙「懸念」

この結果に対し、チャイナ・デーリーは社説で「懸念」を示し、両国の指導者にとっても「この結果は懸念されるものだろう」と述べた。

さらに同紙は「両国の悪化する関係を改善するために両国の首脳が会談する必要がある」と述べた上で、「ボールは日本側のコートにある」と付け加えた。

「安倍晋三(Shinzo Abe)首相は関係改善に真剣に努めていることを、中国の指導部に実際の行動で示さねばならない」と同氏社説は呼び掛けた。(c)AFP/Kyoko HASEGAWA

タグ:日本 中国
posted by 大翔 at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

中国の腐敗撲滅、半年で8万4千人処分


 何だって?
 半年で8万4千人処分!
 去年の同じ時期より三割増ですって!
 ってことは、、、
 去年と同じ時期は、
 8万4千 ÷ 13×10=6万4千強。。。
 スケールが違いますな。
 ま、いい事では有るかな?

 
 中国では、習近平体制による腐敗撲滅の運動が本格化しています。今年上半期だけで8万人以上の共産党員や政府職員が処分されたということです。

 国営新華社通信によりますと、今年上半期に党の規則や法律に違反して処分された党員や政府職員の数は、去年の同じ時期に比べて3割以上増え、8万4000人に上りました。習近平体制は「トラもハエもたたく」と、身分や階級にとらわれない腐敗撲滅に力を入れていて、これまで摘発の例外とされてきた、前の最高指導部の一員・周永康氏や人民解放軍の大物・徐才厚氏の調査にも乗り出しています。また、14日には、北京で反腐敗の国際会議が開かれ、国外へ逃亡した汚職官僚の調査などで協力することが話し合われました。摘発を進める背景には、中国国内で党や地方政府の幹部による汚職への不満が高まっていることに加え、習国家主席の政権基盤を固める狙いがあるものとみられています。
posted by 大翔 at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

米食材卸大手OSIグループ(OSI Group)の中国工場が保存期限の切れた食肉加工品問題



 中国中国っていうけど、誰が儲けているんでしょうね。

【7月22日 AFP】(一部更新)中国国営メディアは22日、米食材卸大手OSIグループ(OSI Group)の中国工場が保存期限の切れた食肉加工品を外資系大手ファストフードチェーンに供給していたとされる問題で、警察当局が従業員から事情聴取を行っていると報じた。一方、中国紙の中には、地元消費者に「献身的な態度」を取らなかったとして外資系ファストフードチェーン各社を非難するものもある。

この問題は、中国国内のマクドナルド(McDonald's)やケンタッキーフライドチキン(KFC)などのチェーン店に食肉加工品を供給していたOSIグループの中国工場が、期限切れの肉を新鮮な肉と混ぜたり、期限切れの製品のラベルを張り替えたりするなど品質面での複数の問題があったと、上海(Shanghai)の地元テレビ局が報じたことが発端となった。20日には上海当局が同工場を閉鎖した。

上海日報(Shanghai Daily)によると、警察当局はOSIグループ傘下の上海福喜食品(Shanghai Husi Food)の「複数の」従業員から事情を聴いているという。また地元テレビ局は、責任者が「管理下」に置かれたと報じている。

また、国家食品薬品監督管理局(China Food and Drug Administration)は声明で、中国全土のOSIグループの工場の調査を命じたと発表した。

マクドナルドは、問題の工場から仕入れた製品の使用を「直ちに」停止したと発表。KFCやピザハット(Pizza Hut)を展開する米外食大手のヤム・ブランズ(Yum! Brands)も、KFCとピザハットで上海工場から出荷された食肉加工品の使用を停止したと発表した。

また米コーヒーチェーン大手スターバックス(Starbucks)は、同工場から鶏肉を仕入れていたことを確認し、中国12省と主要自治区で製品を撤去したと発表した。

一方、中国国営英字紙・環球時報(Global Times)は社説で、納入業者の監督が不十分だったとして、「中国の消費者への献身的な態度を取ってこなかった」マクドナルドやヤム・ブランズなどの大手外資企業を批判した。(c)AFP


【ワケあり】安心の国産餃子800個!!160人前!!

タグ:OSIグループ
posted by 大翔 at 09:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

中国紙で日本地図に「きのこ雲」、岸田外相「容認できない」


 外交音痴な日本的反論ですね。
 そうなんですよ。中国が言う通り日本は原爆を落とされた国なのです。中国も分かっているじゃないですか。ひょっとしたら原爆記念館にも足を運ばれたのでしょうか?戦争の悲惨さをよく知っているのは日本なのです(本当かな?)。中国も戦争を放棄しては如何でしょう。一緒に世界へ広めましょう。
 とかなんとか言えない者でしょうか^^ 
 


【7月8日 AFP】岸田文雄(Fumio Kishida)外相は8日、東シナ海(East China Sea)での領有権をめぐる対立や、日本政府の集団的自衛権の行使を容認する閣議決定で日中間の緊張が高まる中、広島と長崎から原子爆弾のきのこ雲が上がる日本地図を中国の新聞が掲載したことを厳しく批判した。

中国共産党の青年組織、共産主義青年団(Communist Youth)系の新聞「重慶青年報(Chongqing Youth Daily)」がマイクロブログ「新浪微博(Sina Weibo)」の公式アカウントに投稿した内容によると、同紙は前週、「日本は再び戦争をしたがっている」というタイトルが付いた全面広告の中でこの地図を掲載した。広告の掲載主は不明で、現在はすでに公式サイトで閲覧できなくなっている。

時事通信によると、岸田外相はこの広告に対し「誠に不見識だ。唯一の戦争被爆国の外相として、被爆地広島出身の政治家として容認できない」と厳しく批判した。また在重慶(Chongqing)日本国総領事館を通じて掲載の事実を確認した上で、事実ならば正式に抗議するよう指示したことを明らかにした。さらに岸田外相は「安倍首相は『日本が再び戦争をする国になることは断じてあり得ない』と明言している。日本の平和国家としての歩みに一切変わりはない」と反論した。

集団的自衛権の行使を容認するために安倍内閣が前週、憲法解釈を変更したことについて、重慶青年報は最近の論説で「集団的自衛権の足かせを外すことは、殺人者の手に刀を返すことに等しい」と激しく非難し、中国は40年以上にわたって対日政策で「寛容すぎた」と主張している。(c)AFP

posted by 大翔 at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

中国で暴走した全能神

2014年5月31日、中国公安部治安管理局は中国版ツイッター・微博の公式アカウントを通じて、「邪教集団(カルト教団)・全能神の犯罪行為を見かけた場合はただちに通報を」と国民に呼びかけた。人民日報(電子版)が伝えた。

5月28日夜、山東省招遠市のファストフード店で、中国政府が「邪教」と認定する宗教集団・全能神のメンバー6人が、勧誘を断った女性を集団で暴行して殺害する事件が発生した。現地公安局は子供を除く5人を故意殺人容疑で刑事拘留。同時に、全能神に対する取り締まりを強化した。

公安部治安管理局によると、全能神には「護法隊」と呼ばれる実動部隊が存在し、入会を断った者や脱会を願う者に暴力を振るうことが任務。河南省唐河県では全能神の護法隊による強盗や殴打事件がわずか12日間で8件も発生。被害者に対して四肢切断や耳をそぎ落とすなどの残酷な行為に及んでいる。(翻訳・編集/本郷)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140531-00000023-rcdc-cn

中国政府が「邪教」と認定したのは正解ですよね。
マクドナルドで食事中の人々に布教活動をし、断られると相手を撲殺するんですからね〜。
最近ですと韓国のセウォル号の沈没事故でカルト教が注目されましたが、中国にも有るんですね。
ミヤネヤを見ていたら、2007年から日本でも布教活動されているらしい。

ぜんのうしん
http://www.weblio.jp/content/%E3%81%9C%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%86%E3%81%97%E3%82%93
によると

中国においてキリスト教から派生したとされるカルト教団。中国共産党を「赤い竜」(サタンの化身)と呼び、これと敵対している。中国政府は、全能神を邪教に指定している。
人民日報日本語版によれば、全能神は1970年代に米国から中国に入ってきたカルト教団から派生したとされる。信仰の頂点には女神を戴き、終末論を説いている。組織はピラミッド型で、信徒は偽名で活動するという。
2012年12月18日、中国青海省で公安当局が全能神の幹部を一斉に拘束したと報じられた。中国ではマヤ暦が示す2012年12月21日の「世界の終末」に不安を感じる者が多く、全能神はそれに乗じて布教活動を活発化させていたという。

 あれ?世界の終末すぎてますよ^^
posted by 大翔 at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。