2015年11月28日

原発事故 福島県、処分場受け入れへ 指定廃棄物、自治体で初



 東京電力福島第1原発事故に伴い福島県内で発生した指定廃棄物の処分について、県や地元自治体が、同県富岡町にある民間処分場を活用する国の計画を受け入れる方向で最終調整に入ったことが27日、分かった。県などは近く国に計画受け入れを正式に表明する見通し。東日本の6県で計約16万6千トンある指定廃棄物の処分場の設置が難航する中、福島県が先陣を切る形となる。計画では、民間管理型処分場「フクシマエコテッククリーンセンター」(9・4ヘクタール、埋め立て容量96万立方メートル)を国有化して指定廃棄物を埋め立て処分する。今月16日には丸川珠代環境相が福島県の内堀雅雄知事らと会談し、富岡町と搬入路のある楢葉町に対し施設の安全対策と地域振興策を講じる考えを表明。内堀知事は24日、2町に対し、風評対策などで計100億円の交付金を措置する方針を示した。

 関係者によると、富岡、楢葉両町議会はそれぞれ24、27日に全員協議会を開き、富岡町議会は計画受け入れの判断を町側に一任することを決定した。これを受けて両町は、近く県も交えて協議し、政府に計画受け入れを正式に表明する見通しとなった。

 エコテックは平成13年に産業廃棄物の埋め立てを始めたが、原発事故の影響で操業を停止。政府は25年12月、福島県内の指定廃棄物をエコテックで処分する計画を提示した。当初は民間事業者に業務を委託する計画だったが、地元の意向を受けて今年6月に国有化する方針に転換した。

 指定廃棄物は東京都を含む12都県で発生。東京などでは既存の施設で処理するが、福島、宮城、栃木、群馬、茨城、千葉の6県では発生量が多いため、国は処分場を1カ所ずつ設置する方針。しかし、福島以外では住民の理解が得られず、候補地の選定やその後の調査が難航している。

 この間、指定廃棄物は専用の容器に入れて遮水シートで覆うなど、簡易的な措置のまま保管されており、容器の劣化や自然災害などで放射性物質が飛散するリスクも懸念されている。

                    ◇

【用語解説】指定廃棄物

 東京電力福島第1原発事故に関連し、ごみ焼却灰や下水汚泥、稲わらなどの廃棄物の中で、放射性物質濃度が1キロ当たり8千ベクレルを超えるものを環境相が指定し、国の責任で処分する。福島県で出た10万ベクレル超の廃棄物は、除染廃棄物とともに第1原発周辺に建設する中間貯蔵施設で保管し、30年以内に県外の最終処分場に移す。


posted by 大翔 at 13:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3.11大地震 怪獣ゴヅラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

4月16日に海外メディアが中間貯蔵施設の空撮映像を公開しました。

4月16日に海外メディアが中間貯蔵施設の空撮映像を公開しました。


 これだけあれば、東京湾を埋め立てて、羽田にもう一本滑走路作れるんじゃ無い?
 それぐらいやって欲しいですよね。
posted by 大翔 at 10:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 3.11大地震 怪獣ゴヅラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

「被害伝える」「納得できない」…防災庁舎の県有化、町民に複雑な感情


 これは二分しますよね。
 体験者が見た、体験した津波は我々が動画で見る津波ではないでしょうし、辛いでしょうね。
 政治家が復興を加速しますとはいうけれど、四年がすぎて変わったことといえば、やっと瓦礫の山が消えた程度でしょう。部分的にはプレハブ商店街ができたり、三陸鉄道が開通したりしていますが、見えない問題はかつての瓦礫よりも高いですからねぇ。
 しかしどうでしょう。50年後100年後、、、あってよかったと思うのではないだろうか。
 判断するには、まだ時間が必要ですよね。


 防災対策庁舎の保存の是非をめぐり、南三陸町民の意見は真っ二つに分かれ、人口約1万4000人の小さな町を揺るがしている。

 同町で飲食店を経営する高橋広美さん(53)は解体を求める一部遺族の感情に配慮しながら、県有化に賛成する。「町が維持していくのは大変。かといってすぐに解体、とはできない難しい問題だ。ひとまず県で持ってもらい、話し合いをするのは良いことだ」と話した。

 飲食店従業員の女性(48)も「広島の原爆ドームのように、防災対策庁舎を残せば、先の世代の人たちにも震災の被害を伝えることができる」と保存に理解を示す。一方で、「遺族の心情に配慮することも必要だと思う」と複雑な表情を浮かべた。

 防災対策庁舎の前にはこの日も、慰霊や視察のために多くの人が訪れていた。埼玉県の男性会社員(42)は「実際に見てこんなに大きい建物を津波がのみ込んだのかとショックを受けた。次世代への教訓のためにも残してほしい」と話した。

 一方で、津波で家族を失った遺族などの間では庁舎の解体を強く求める声がある。町職員だった義理の息子=当時(40)=を防災対策庁舎で亡くした「防災庁舎解体を望む遺族会」の副代表、千葉みよ子さん(68)は「納得できない。県有化は(恒久)保存につなげるための口実だと思う。町民への説明が全然足りない」と残念がった。 津波被害を受けなかった住民の中にも、複雑な思いを抱く人はいる。同町の農業の女性(56)は「残すことも大事だが、遺族の方にとっては見るのも嫌な場所。建物があってもなくても悲しい思いや犠牲者をしのぶ気持ちは消えないので、これからもずっと迷うと思う」と話した。
posted by 大翔 at 02:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 3.11大地震 怪獣ゴヅラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

原子炉で動けなくなったロボット

 東京電力は10日、福島第1原子力発電所1号機の原子炉の調査のために同日、原子炉の格納容器内に投入したロボットが、何らかのトラブルにより途中で停止したと発表した。停止前に得られたデータは取得できるが、ロボット本体の回収の見込みは立っていないという。

 ロボットは2011年3月の事故で炉心溶融を起こした1号機の原子炉の状態を調べるため、国際廃炉研究開発機構などが開発。格納容器の内部に初めて投入された。

 東電によると、10日午前9時すぎにロボットによる調査の作業を開始。格納容器内への投入に成功し、内部の金網製の踊り場で調査していたところ、午後2時すぎに走行不能になった。操作用のケーブルが障害物に引っかかったことなどが原因とみられるが、詳細は不明という。

 格納容器内の画像や温度、放射線量などの情報について、東電は当初予定の3分の2程度は収集できたと説明している。溶けた核燃料があるとみられる地下階につながる入り口などが観察できたもよう。これらのデータはロボットからの通信により取得できる見込みで、週明けにも公開する。

 東電は13日にも格納容器内の違う場所の調査を計画していた。ロボットはもう1台あるが、予定通り作業を実施するかどうかは改めて検討するとしている。

 実際どうなんでしょう?
 放射線が強すぎてロボットに影響あったのか?
posted by 大翔 at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3.11大地震 怪獣ゴヅラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

東京地検 福島第一原発 津波対策の担当者ら9人 不起訴処分 無知の恐怖


 どんなお金が動いているのでしょう。
 黒いだけじゃないですよね。何ベクレムのお金?
 それともタダで、無責任な人たちが無知な人たちを利用しただけ?

 福島第一原発の事故を巡り、津波対策を怠ったとして告訴・告発された東京電力や行政の津波対策の担当者ら9人について、東京地検は、いずれも不起訴処分にしました。

 不起訴処分となったのは、福島第一原発事故当時の東京電力の津波対策の担当者や原子力安全・保安院の課長など9人です。9人は、巨大津波の危険性を認識していたにもかかわらず、対策を怠ったとして、業務上過失致死傷の疑いで弁護士グル―プに刑事告訴や刑事告発をされていました。東京地検は3日、「10mを大きく超える津波が発生し、原発の主要機器が浸水する危険性を認識すべき状況だったとは認め難い」などとして、9人全員を不起訴処分としました。福島第一原発の事故では、東京電力の勝俣恒久元会長らが業務上過失致死傷の疑いで告発され、いったんは不起訴となりましたが、検察審査会が再び審査しています。
posted by 大翔 at 08:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3.11大地震 怪獣ゴヅラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

福島第1原発1号機、核燃料は「ほぼ全て溶融」 東電


 4年も経って、今頃ですか?

【3月20日 AFP】東京電力(TEPCO)は19日、廃炉に向けた作業が進められる福島第1原子力発電所1号機で新たに実施した調査の結果、原子炉圧力容器の内部には核燃料がほとんど残っていないことが分かったと発表した。

「ミューオン(muon、ミュー粒子)」と呼ばれる素粒子を使ってレントゲン写真のような画像を作成する技術によって、第1原発1号機では核燃料が溶け容器の底に落ちたことがほぼ確実であることを示す証拠が得られたという。

TEPCOの広報担当者は、これまでの分析から燃料が溶け落ちていることが強く示されていたものの、今回の調査の結果、その燃料がある正確な場所を特定するのに役立つデータが新たに得られたと説明した。今後はロボットを投入して、燃料がある場所の特定を進める計画だ。

廃炉完了までには30〜40年かかると見込まれている。(c)AFP
posted by 大翔 at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3.11大地震 怪獣ゴヅラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

菅原彩加 東日本大震災追悼式の感動スピーチ動画



「忘れちゃいけない」とか「忘れない」とか、すごく違和感感じますよね。
 
 誰が忘れるんですか?


posted by 大翔 at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3.11大地震 怪獣ゴヅラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

中間貯蔵施設という名の最終処分所

環境省によると
https://josen.env.go.jp/soil/interim_storage_facility.html

除染で取り除いた土や放射性物質に汚染された廃棄物を、最終処分をするまでの間、安全に管理・保管するための施設です。

福島県では、除染で取り除いた土や放射性物質に汚染された廃棄物の量が膨大となるため、現時点で最終処分の方法を明らかにすることは困難です。

このため、福島県で発生した、除染で取り除いた土や放射性物質に汚染された廃棄物を、最終処分するまでの間、安全に集中的に管理・保管するための中間貯蔵施設を福島県内に設置することとしています。
中間貯蔵施設には、貯蔵や減容化のための施設の他、空間放射線や地下水のモニタリング(監視)、情報公開、効果的な減容化技術の研究開発・評価のための施設も併設する予定としています。

 はて?
 最終処分とはなにか?
 いつ誰がどうするんですか?

除染で出た土 「最終処分」法案まとまる
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7871310.html
2014年09月29日08:27 とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

 福島県内の除染で出た土などを保管する中間貯蔵施設について、政府は、保管を始めてから30年以内に福島県外で最終処分を完了するために必要な措置を取ることを定めた法案をまとめました。
 今後、法案を閣議決定したうえで今月29日に召集される臨時国会に提出する方針です。
 政府は、中間貯蔵施設で保管する除染で出た土などについて、保管を始めてから30年以内に福島県外で最終処分を完了する方針で、地元の要望を受けて、こうした内容を定めた法律の改正案をまとめました。

 おそらく30年後の総理は「できなかった」というだけでしょう。
 
「福島を除染ゴミと使用済み核の最終処分場に!」という民主党政権の“本音”が表面化する新年
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31486

 4年も経っているのに最終処分所が決まらないってどういうこと?
 30年以内に出来なかったらどうするのか、はっきり約束させないまま、なぜOK出したのでしょうね。
 30年後に東京湾にポンポン捨てても罪にならないとか、30年後の3月12日午前0時から国会議事堂や各党の事務所がいっぱいになるまで除染袋を運び込むとか、何かないと信用できませんよね。
 結局泣き寝入りするのは弱者なのです。
 国や関心がない人たちは、ただ死ぬのを待っているだけなんですよ。
 一番喜ぶのは東京電力と国会議員たちかな。
posted by 大翔 at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3.11大地震 怪獣ゴヅラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

国は被災地で何を守っているのか?


 教育レバルの低さなのか。
 景気が悪いからなのか。
 放射線が高いからなのか。
 これじゃ〜ね〜。
 復興庁は何を見て、何を知り、何をやってるんでしょうね。
 


 東日本大震災からまもなく4年です。警察庁のまとめによりますと、今年2月末現在、震災による死亡者は12都府県で1万5890人となりました。

 警察庁のまとめによりますと、2月末現在、東日本大震災で死亡した人の数は、去年8月末の時点より1人増え、12都府県で1万5890人です。新たに死亡が確認されたのは、震災によって行方が分からなくなっていた宮城県の女性で、2012年の10月と11月に石巻市の海の中から白骨遺体が見つかり、DNA鑑定の結果、身元が確認されました。また、行方不明者は、半年前より20人減り、岩手、宮城、福島など6県で2589人でした。一方、福島県では、依然、原発事故に伴う除染作業員による犯罪が多く去年は窃盗や傷害などの疑いで208人が摘発されました。なかでも一番多かったのは、万引きの77人でした。
posted by 大翔 at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3.11大地震 怪獣ゴヅラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。