2016年11月10日

トランプ勝っちゃった

 まさかの勝利でしたね〜。
 これで沖縄から米軍が消えるだろうか?
 そうなれば、思いやり予算を払わなくて良くなると思うのだが、その分を待機児童解決や、日本の未来へ使って欲しいものだ。
 きっとトランプは、かつての鳩山のように「勉強してみたら必要だった」というだろう。
posted by 大翔 at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

豊洲新市場の地下空間に隠れていた二枚舌の腹黒タヌキが8匹捕獲。

 東京都の豊洲新市場の主要な建物の下に土壌汚染対策の盛り土がなく、代わりにモニタリングのための地下空間が作られていた問題で、小池百合子知事は11月1日、記者会見で2回目の内部検証報告書の内容を報告、決定に関与した責任者8人を特定したと発表した。

 8人は、市場長を務めた副知事の中西充氏ら現職4人、OBが4人の計8人。懲戒処分などについて今後検討し、手続きを「速やかに進める」とした。

http://www.huffingtonpost.jp/2016/11/01/toyosu_n_12745320.html

 最後まで不正直なタヌキおやじたちですよね。
 都民はどう思うのでしょう?
posted by 大翔 at 06:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

宮城県も石巻市も、人間の心をお持ちでない様ですね。

 東日本大震災の津波で児童74人と教職員10人が犠牲になった宮城県の石巻市立大川小学校を巡る訴訟で、宮城県は30日、学校側の過失を認めて児童23人の遺族に計約14億円を支払うよう市と県に命じた仙台地裁判決を不服として、仙台高裁に控訴する方針を固めた。

 石巻市はすでに控訴を決めており、30日の臨時市議会で、承認する議案を16対10の賛成多数で可決した。

 判決は、津波の到来を知らせる市の広報車の呼びかけを教員が聞いており、「遅くとも津波が到達する7分前までには、危険が迫っていると予見できた」と認定。避難先に選んだ川の近くの小高い場所は津波から逃げ場がなく、「避難場所としては不適切だった」と判断した。

 金払いたくないだけだろう。

 校庭に並んでいた子供達の中から「先生、早く裏山に逃げよう」といった生徒がいたとも伝えられている。
 宮城県知事は津波を予測できなかったとのんきな話をしているが、これは無知なだけで、ちゃんと予測して被害者を出さなかった集落もあるではないか。

 74人の児童と10人の教員たちは、死人に口無し。県民などには、いい続けていれば嘘も本当になる。そういう事なのでしょう。
 オリンピックは東北でやってほしくないね。

posted by 大翔 at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

「丹波篠山牛」9年間も偽装していた

日テレニュースによると
http://www.news24.jp/nnn/news88917122.html

 兵庫県篠山市の農協が9年間にわたって地域ブランドの牛肉の表示を偽装して販売していたことがわかり、県が改善指示を出した。兵庫県などによると、JA丹波ささやまの直営店で地域ブランドの「丹波篠山牛」のラベルを別の産地の牛肉に貼って販売していた。少なくとも先月までの9年間に約9・6トンが販売されたといい、県が食品表示法に基づき改善を指示した。さらに偽装が発覚しないよう、牛1頭ずつに割り振られている個体識別番号も別の牛の番号に書き換えており、近畿農政局が勧告した。JAによると、精肉担当者は内部調査に対して「丹波篠山牛が足りない時に別の牛を仕入れて穴埋めをしていた」と説明しているという。

 個体識別番号までごまかして農協がやっていたことは、いわゆる食品偽装なのだが、あえて言えば逆偽装ですね。
 普通、安くて質が悪いものを、高級品として偽装し、利益を確保するためにやるのだが、JA丹波ささやまはその逆で、但馬牛などの高級牛肉を「丹波篠山牛」として売っていた。味覚偽装というべきか、「丹波篠山牛」に自信がなかったのか。。。本質的にはJA丹波ささやまの見栄ですね。

 生産者と農家さんをバカにしすぎですよ。
 消費者にとっては、粗悪品でなかったことがせめてもの救いか。


焼肉の肉屋.jpg
タグ:丹波篠山牛
posted by 大翔 at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報